51otghg1a3l

発行元から

いかにして部下たちの人心を掌握し、組織を束ね、変革に挑むのか。リーダーシップについて不朽の名著といわれる11冊を厳選し、その内容と現代における意義を紹介します。本書を執筆したのは、いずれも経験豊富な一流コンサルタントたち。自ら選んだ「座右の書」を現代のビジネスシーンに当てはめ、ケーススタディをふんだんに盛り込みながら解説します。名著のエッセンスや箴言を横断的に手に入れ、相互に比較したり、自身の経験と照らし合わせることができます。

目次

『第2版リーダーシップ論』ジョン・コッター著-変革を担うのがリーダーの使命
『人を動かす』デール・カーネギー著-誤りを指摘しても人は変われない
『自助論』サミュエル・スマイルズ著-「道なくば道を造る」意志と活力
『7つの習慣』スティーブン・コヴィー著-人格の成長を土台に相互依存関係を築く
『EQ こころの知能指数』ダニエル・ゴールマン著-自制心と共感力で能力を発揮
『リーダーシップ アメリカ海軍士官候補生読本』アメリカ海軍協会著-米国式リーダーシップの源流
『組織文化とリーダーシップ』エドガー・シャイン著-変革はまず組織文化から
『エクセレント・カンパニー』トム・ピーターズ、ロバート・ウォータマン著-優れたリーダーの影響力は価値観にまで及ぶ
『なぜ、わかっていても実行できないのか』ジェフリー・フェファー、ロバート・サットン著-成果ではなく行動したことを評価
『チーズはどこへ消えた?』スペンサー・ジョンソン著-変化を受け入れ、いち早く動く
『マネー・ボール』マイケル・ルイス著-チーム編成のイノベーション

日本経済新聞社の本

やさしい行動経済学

やさしい行動経済学

9a042a3b c765 497d a396 72617cab0e55

じゃなせ

雑食(何でも読みます)

今年のノーベル経済学賞でも取り沙汰されたので、流行に便乗しました。経済学は門外漢ですが、とても分かりやすく、また人の「心」から経済の端くれを読み解くこと自体、新鮮でした。 また個人的には日本型組織独特とも言われる「心理的契約」に関する章は、現在所属する組織が直面する課題とかなり密接に関連していたため、得るものも多くありました。 人によって関心、無関心はありますが、章ごとに完結しているため、興味の高いところのみつまみ食いするのもオススメです。ビジネスパーソンの方々が親和性高いです。

6か月前

E101218d 49a2 40ac 8c3e ea9f80c66afdF5bbdeaa 3951 4189 9225 eea4ab73955e6cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218c
ドキュメント サラリーマン

ドキュメント サラリーマン

5543d474 6380 4c2f b69a f80530976777

ぱんだお

歴史、ファンタジー、ノンフィクシ…

高度経済成長期後のサラリーマンの等身大の姿。現代の病気と思っていたうつ病なども当時からあったと知り、やっぱり日本人は真面目なんだなあとしみじみ思ってしまった。 モーレツサラリーマンなど今では死語になっているような単語にも触れて昭和を垣間見ました。

約1年前

身近な疑問が解ける経済学

身近な疑問が解ける経済学

978030b8 5d27 45ce a8ec ef18a8f163c2

山奥

花屋 植物担当 から転職 書店員…

日常の何気ない判断を、経済学で分析する ダイエットがしたい!貯金しないと‼︎という意志力は希少資源なので、効率的に分配しないといけないそう 面白かった

約2年前