51eudpgvrtl

十五年前、自殺とされた女性教師の墜落死は実は殺人-。警視庁に入った一本のタレ込みで事件が息を吹き返す。当時、期末テスト奪取を計画した高校生三人が校舎内に忍... 続き

コメント

展開が面白くて、一気に読んでしまった。
まさかそこに繋がるとは…

怒濤の最後の展開に引き込まれました!

初の横山秀夫。
回想メインで序盤はうーんって感じだったけど、読み終わったらかなりの秀作。

読者

2f7d9080 c35b 4b8e a300 64c7f2c54b90Eb3f5462 78b1 41e4 ac7a 3580a0d6c05336149bf4 1122 4a37 8522 fdd219fa50fd58dc9b1b 3998 4829 837c 0fa266dd6b6bF8c89e33 1f93 4258 9194 ec90652b2059840af13a 7572 4368 82d4 67845dac04e0Ec9d141a dc97 41df 812e 9427c9e8c25f642b02ad 0a3b 4660 bb08 574ec9e2df74 17人

横山秀夫の本

震度0

震度0

1d65c4c2 df5e 4182 a2c6 ab2f3f8f31b8

オールドファッションドボーイ

ボロは、着てても心は、錦

まるで、お芝居を見るよう。特長的な、県警の部長たちとその奥方たち。キャラが立って、そんな中、警務課長の失踪と阪神大震災。ストーリーが次々展開していく。シェークスピアの世界である。

2か月前

86282199 9512 4e78 9383 9c8045c6c518Fbd1b861 8a57 4be5 9ba2 61d5370d6f11Ddf758a1 22d1 47e7 8e05 75c17bd826be
ノースライト

ノースライト

8a147539 d412 4499 b071 084ec14a5be6

キムチン(Yoko Okamoto)

大阪府出身

インタビューで『家を書くということは、家族を書くということだった』と語っていた横山秀夫氏。ふむふむふむ…。ブルーノ・タウトについての本も読みたくなりました。

6か月前

9fe9815c 39e6 4e68 86eb c14a429e7a891d65c4c2 df5e 4182 a2c6 ab2f3f8f31b8147b636e f7bc 4dcd b95b 758ad1e4092e 17
陰の季節

陰の季節

D55b8599 4319 47be 8218 2223afa4e9f9

イトウ

学生

「サスペンス」という感じではない。池井戸潤に近いんじゃないかなぁ。面白い。

2年前

Eb3f5462 78b1 41e4 ac7a 3580a0d6c05336149bf4 1122 4a37 8522 fdd219fa50fd840af13a 7572 4368 82d4 67845dac04e0 14
半落ち

半落ち

883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e04093

まこと

二児の父親

アルツハイマーの妻を殺害した警察官、梶聡一郎は取り調べでその事実を素直に認めた。しかし、妻を殺害してから自主までの間の空白の二日間は黙して語らない「半落ち」であった。彼はなぜ自殺ではなく生きることを選んだのか、そして空白の二日間に何をしていたのか、様々な人物の視点から真実に迫っていく、という話。 面白かった。少しずつ真実が明らかになってはいくものの、梶の真意はなかなか掴めない。それが気になってどんどん読んでしまう。 最後の2ページで本当に胸が熱くなった。命で結ばれた絆は強い。

2年前

D50f2539 ebd5 4e29 9864 d294f89a05e97262626b 2805 4a8b b0cb 7802ea43127d330d952e 6d48 4190 8adb e6c73f20886f 8