41aalqwggol

この小説は、あなたの想像を超える。結末は、絶対に誰にも言わないでください。「突然のメッセージで驚かれたことと思います。失礼をお許しください」――送信した相... 続き

コメント

メールのやりとりの文だけで全てが構成された小説。まるで、手紙のやり取りだけで書かれたラヴレターズを読んでいるような気がしました。しかし、とにかく最初のメールの時点で、かなりめんどくさくてキモい男。それがどんどん気持ち悪さと粘着度を増していき、ラストに向かって、どうなる?!とハラハラさせられます。ホラー映画のクライマックスに向かうような気持ちに。

フェイスブックのメッセンジャーを使って交わされる感情を抑えたオトナのやり取り。かつての恋人同士が当時を振り返りながら、その時話せなかったことを綴ります。互いの体調を気遣い、パソコンを使うようになるなんて意外!なんて、たわいのない話もありながら、そこはかとなく漂う不穏な空気。
最後のページをめくると、そこには一行だけ文章が。そしてそれを読んだとたん、「うぎゃあぁぁぁ」と叫んでしまう。叫ばずにはいられない。
友人に本を貸す時は、最後のページをテープで留めてからにしました。
今年一番の衝撃でした。

うーん、自分には合わなかったです。

書評を見て、読む前からハードルを上げすぎてしまったからかもですが。

もちろん、ルビンの壺がモチーフということで、いろんな観点から読むと違った発見があって面白い本なのではないでしょうか。

ネタバレしてしまうので詳しく書けないですので、なんともですが…

プリントアウトはなんの証拠にすらならないんじゃないかなぁ…

親族はもちろん一通り調べてるだろうし、このプリントアウトの内容を読むと、容疑がかかるのはむしろ…

この。やり取りの怖さ。。。このページ数の少なさ!!そして、結末。クソみたいな現実が上塗りされていく返信。。。ねぇ。もうわかりますよね。

期待値が高く、もっと大掛かりな展開を期待してしまいました。

男女2人のメールの文章のみで進む本です。

最初はゆっくり進み
ラストに向けてはかなりテンポ良くなります。

とっても読みやすく、
ページをめくる度にどんな展開かと
怖くもありドキドキもしました。

最後の一行には鳥肌がたちました。
思わず、おぉ。。。と声が出るほど。
深夜読んだ事を後悔してます。

もう1回読み直してみようかな。

イヤミスですねぇ。メールのやり取りだけなのに、これほど引き込まれるとは、、、。
イッチ読みですね。

斬新なものではあったけど、
読み終えて決して気持ちのいいものではなかった。
オエって感じ。

メールのやり取りだけなのに なんとなく今までの状況が見えてくる

最初は遠慮がちに ただ懐かしむ感じだったのに だんだん粘着質というのか 言い訳しながらズケズケとあーだこーだと言い出して 気持ち悪い

ご愁傷様!

読者

97a324dc 0c61 4901 b94b c33e24c3f351837d42e7 0e78 4718 b246 62d3cb39767dIcon user placeholderCea4bcc5 b478 4d58 aeb0 8499d54e5b87Icon user placeholderFadf5f50 bf83 4a3f 92dc cc4ac7dfd6a1Ddf01909 15e6 4b9a 97a7 21e23fc58f1eIcon user placeholder 103人

文芸

赤い風

赤い風

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

武士も農民も、それぞれの立場で命を張って新しい土地を開拓した。 百姓の正蔵と武士の曾根啓太郎との殴り合いは、開拓地で血と汗を流しあった者同士の暖かいものを感じた。 悪人に描かかれる事の多い「柳沢吉保」のお国の話であるが、やはり賢い人であったのだ。

約13時間前

その手をにぎりたい

その手をにぎりたい

5a067eed dd41 4cee 906b c13c7737a6d2

yukimizuirosuki

じっくり選んでどっぷり読みます

カウンター越しの恋って色々あるけど、それがお鮨屋さんでっていう展開は初めて。職人さんから手から手へ渡されるお鮨、なぜが色っぽく感じる。このお店に通うために青子はキャリアを重ねていくけど、その度に感情がねじれてく。 出てくるお鮨は美味しそうで美味しそうで。 最後にほろりとくる。好きな本です。装丁もすき。

1日前

80d5593d 19b1 49a9 8089 776340a0d15a9922679c 987e 440a beab 7bdc46dc49f4522b2427 7b6f 4545 9fc6 099fc68c2211 14
ガルヴェイアスの犬

ガルヴェイアスの犬

E3429d5e 1734 460e 8d95 f9e374d2854a

kasa

旅行や食に関する本、 海外文学、…

ポルトガルの小さな村が舞台、たくさんの人々のそれぞれの人生。 その土地に生きた記憶を読みながら想像する景色が楽しかった。 『誰にだって、運命の場所ってもんがあるのさ。誰の世界にも中心がある。』

3日前

7eea9519 6f57 41e9 a60b d25374c2ec9e121a1a62 4c6d 44af be64 920b2de709dd821e5a20 19ab 4ec7 a4b3 167e80d468c4 13