41aalqwggol

この小説は、あなたの想像を超える。結末は、絶対に誰にも言わないでください。「突然のメッセージで驚かれたことと思います。失礼をお許しください」――送信した相... 続き

コメント

メールのやりとりの文だけで全てが構成された小説。まるで、手紙のやり取りだけで書かれたラヴレターズを読んでいるような気がしました。しかし、とにかく最初のメールの時点で、かなりめんどくさくてキモい男。それがどんどん気持ち悪さと粘着度を増していき、ラストに向かって、どうなる?!とハラハラさせられます。ホラー映画のクライマックスに向かうような気持ちに。

フェイスブックのメッセンジャーを使って交わされる感情を抑えたオトナのやり取り。かつての恋人同士が当時を振り返りながら、その時話せなかったことを綴ります。互いの体調を気遣い、パソコンを使うようになるなんて意外!なんて、たわいのない話もありながら、そこはかとなく漂う不穏な空気。
最後のページをめくると、そこには一行だけ文章が。そしてそれを読んだとたん、「うぎゃあぁぁぁ」と叫んでしまう。叫ばずにはいられない。
友人に本を貸す時は、最後のページをテープで留めてからにしました。
今年一番の衝撃でした。

うーん、自分には合わなかったです。

書評を見て、読む前からハードルを上げすぎてしまったからかもですが。

もちろん、ルビンの壺がモチーフということで、いろんな観点から読むと違った発見があって面白い本なのではないでしょうか。

ネタバレしてしまうので詳しく書けないですので、なんともですが…

プリントアウトはなんの証拠にすらならないんじゃないかなぁ…

親族はもちろん一通り調べてるだろうし、このプリントアウトの内容を読むと、容疑がかかるのはむしろ…

この。やり取りの怖さ。。。このページ数の少なさ!!そして、結末。クソみたいな現実が上塗りされていく返信。。。ねぇ。もうわかりますよね。

男女2人のメールの文章のみで進む本です。

最初はゆっくり進み
ラストに向けてはかなりテンポ良くなります。

とっても読みやすく、
ページをめくる度にどんな展開かと
怖くもありドキドキもしました。

最後の一行には鳥肌がたちました。
思わず、おぉ。。。と声が出るほど。
深夜読んだ事を後悔してます。

もう1回読み直してみようかな。

イヤミスですねぇ。メールのやり取りだけなのに、これほど引き込まれるとは、、、。
イッチ読みですね。

メールのやり取りだけなのに なんとなく今までの状況が見えてくる

最初は遠慮がちに ただ懐かしむ感じだったのに だんだん粘着質というのか 言い訳しながらズケズケとあーだこーだと言い出して 気持ち悪い

ご愁傷様!

読者

0baf0b90 877b 45d0 a026 38e29c59536a011a8988 bf8f 466d 9bdc 0a2b24fd5b09427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302bA3b121bd 6a81 4ff1 b277 28707d9fdb06A5328f1f d0c8 4797 abed a3e4958c1aecEe0f4619 0f4b 4035 96aa 44537c5295d51525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad471791768 adcf 4707 b0c9 fca0fb14ee41 78人

文芸

妻が椎茸だったころ

妻が椎茸だったころ

0458305c 50e0 4c9f bb10 e9acea3f3ad9

hito.N

妻が椎茸だったころが1番好き。 料理をしていると感じてくる雰囲気も重なる。 猿宿もハクビシンも英語力の低さのせいでやんわりとしかわからない話もすべてが独特だけど皆理解できる空気のある本。お気に入りの本に。

約6時間前

Icon user placeholderC477fbc7 4906 444f 8822 1ae20345f0c47e4f6841 2bd6 4a4a a7e4 4f1cd15e4e5d 12
十二番目の天使

十二番目の天使

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

はじめの3行読んで、「二度目」だと気がついた。 ストーリーは典型的な「泣ける」である。私は、泣ける本に泣かされるのは嫌いだけれど、そんな重かったっけ? 読後、不思議な清涼感! ああ、そうだった。これだコレ!と納得。 そーですね。そーです。はいはい。 しっかり泣いてしまいましたよ。 地道にチャンと生きることを誓います。

1日前

A432e0fd 517b 4039 a0a9 b1b5d5edcfd1Icon user placeholderCe5d0fed f1ea 48c1 a15e a13bf80aa8c9 12
三人屋

三人屋

9bdb99ea adbf 4491 80ec eb69f4ea8bf8

幾望

3匹の猫のお母さん。

三人姉妹。ラプンツェル商店街。 両親が残してくれた喫茶店「ル・ジュール」。 ル・ジュールで、三人姉妹が下から順に、朝の喫茶店、昼のうどん屋、夜のスナックを切り盛りしている。 仲が悪いのか? 当人達も、しっくりいってない風だけど、三人姉妹は、よく似てるし、何より家族愛が深い。あまりにも愛が深すぎて各々溜め込みすぎなところも。 でも、姉妹や姉妹に関わる人達が、足りないところを、いい感じで補いあって。 人情味溢れてます。

1日前