41aalqwggol

この小説は、あなたの想像を超える。結末は、絶対に誰にも言わないでください。「突然のメッセージで驚かれたことと思います。失礼をお許しください」――送信した相... 続き

コメント

イヤミスですねぇ。メールのやり取りだけなのに、これほど引き込まれるとは、、、。
イッチ読みですね。

その他のコメント

メールのやりとりの文だけで全てが構成された小説。まるで、手紙のやり取りだけで書かれたラヴレターズを読んでいるような気がしました。しかし、とにかく最初のメールの時点で、かなりめんどくさくてキモい男。それがどんどん気持ち悪さと粘着度を増していき、ラストに向かって、どうなる?!とハラハラさせられます。ホラー映画のクライマックスに向かうような気持ちに。

私の中のルビンの壺が割れた。

読者

Icon user placeholder5ab95e8b 7771 43d1 aaef 02b5193523b1D29168e4 e9a8 43e6 bcc3 6841f23fff828fe9c0bf 1fa7 40bd 831f f37f992766de647499f6 4834 460f 8999 6015628f38117df2d362 5e46 4da3 ade1 b2370307f91bBb4a8563 261c 4319 9007 fd31340978bc59ce0229 453d 43b7 a500 ae584a530926 115人

文芸

ウォッチメイカー〈上〉

ウォッチメイカー〈上〉

28bebfeb 0345 42a3 bd34 c659b284ef31

サイカワモエ

本と本棚好き。

名作を探そうとすると、必ず名前が挙がる作品。普段はあまり翻訳物を読まないのですが、流石に読まなきゃ!と思い購入。なるほど、犯人がわかってて、分析を駆使して追いかけるストーリーです。面白い。後半に続く!

1日前

Icon user placeholderIcon user placeholderF1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113
この嘘がばれないうちに

この嘘がばれないうちに

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

シリーズ二作目。複雑な(笑)条件をクリアして初めて、望んだ時間にタイムスリップできる喫茶店のお話。 一度だけ大切な人に再会出来るなら、あなたは何を伝えますか? 制約が厳しすぎるので、似たような話になりがちなのだけど、今回は「嘘」をテーマに様々な別離の姿を描いていく。 大切な人の死。でもその人は決してあなたの不幸で、あり続ける事を望んでいない。残されたものが幸福になってこそ、初めて死者も救われる。 全編を通じて解き明かされていく数ちゃんの秘密が切ない。間接的にしか数ちゃんの話を書かないのはもどかしいけど上手いなと思った。今回も手堅いウェルメイドな出来栄えでした。

1日前

Baf98fe1 5cc8 406d 8c43 3fec35b363d14c39dd78 33f5 447d b8f1 7031c02b83b5F4226424 2a79 49de abf1 5eb72cdc3213 109