41aalqwggol

この小説は、あなたの想像を超える。結末は、絶対に誰にも言わないでください。「突然のメッセージで驚かれたことと思います。失礼をお許しください」――送信した相... 続き

コメント

この。やり取りの怖さ。。。このページ数の少なさ!!そして、結末。クソみたいな現実が上塗りされていく返信。。。ねぇ。もうわかりますよね。

その他のコメント

メールのやりとりの文だけで全てが構成された小説。まるで、手紙のやり取りだけで書かれたラヴレターズを読んでいるような気がしました。しかし、とにかく最初のメールの時点で、かなりめんどくさくてキモい男。それがどんどん気持ち悪さと粘着度を増していき、ラストに向かって、どうなる?!とハラハラさせられます。ホラー映画のクライマックスに向かうような気持ちに。

読者

Icon user placeholderCea4bcc5 b478 4d58 aeb0 8499d54e5b87Icon user placeholderFadf5f50 bf83 4a3f 92dc cc4ac7dfd6a1Ddf01909 15e6 4b9a 97a7 21e23fc58f1eIcon user placeholder147b636e f7bc 4dcd b95b 758ad1e4092e24a8bcb7 2020 4a2b 8cbb c346bd1b26a3 101人

文芸

盲目的な恋と友情

盲目的な恋と友情

0a215ffe 9748 4334 a6a8 e4409efafbfb

cover maker

蟲師はいい話だと思う。

女性を主人公に描いてるけども、男性だって読むべきだ。自分以外の立場のいろんな気持ちに、気持ち悪いくらい触れさせられる。あーわかるって思う。

約12時間前

6c56af2d c95e 4957 b9cf 6b7ed093c6c8956d2271 8c26 4469 8d7d 162f6cb03d69Icon user placeholder 68
絹の家 シャーロック・ホームズ

絹の家 シャーロック・ホームズ

D2753c7a 86bb 4be1 817f dc13905388de

sakupan♪

綺麗なもの、可愛いものたちを偏愛…

次々と起こる大小さまざまな事件が、やがて大きな渦となって禍々しい大事件に発展し、手に汗握る大活劇のあと、やがて静かな、けれども重い断罪とその後の顛末を描いて終わる。 シャーロック・ホームズの盟友・ワトスンが、老い先短い老体に鞭打って描いた若き日の回顧録、という体裁。 一気に読めました! 核心はかなり胸糞で、完全なる勧善懲悪ではありませんが、シャーロックと兄のマイクロフトの丁々発止の推理合戦、謎の老人の示唆、全ての伏線の見事な回収など、感嘆しました! 面白かった!

約22時間前

優しい鬼

優しい鬼

2293e5aa 24ce 4093 bccc d5c73982411d

aaooaui

読んだなら、書こう、なるべくなら…

声が響く。残響の最中、また新たな声が起こり、重なり合い、物語はとうとうと進み行く。 表紙や作中に差し込まれたピンホールカメラで露光され、にじみ出て来たかのように映し出された写真のように鮮明でなくとも、そこに在る、在ったことが確かに伝わる語りの重さ。 重量級である。そして、美しい。

約22時間前

5da5fe40 923d 406d ba4b 08d3bd9465dd931bc4b3 9cb5 48bb bed7 5c071e9c434a25c10f7b f123 457f 9aee a8caa05542d9