41bhlx7ughl

「不法移民の強制送還」を唱えるトランプ政権のアメリカには、一一三〇万もの不法移民が存在する。しかし、彼らはどんな人間なのか?その答えを知るために著者は二年... 続き

コメント

著者はエスノグラフィーの手法で不法移民の日雇い労働者と共に働く。不法移民労働者の人間臭さと温かさそして生きる現実の厳しさと切なさを地べたからの視点で綴っている。

「条件のいい仕事は、一緒にいる仲間に譲ることもする。俺たちは一人一人で仕事を待っているけど、
仲間で仕事をしている。バルバスが仕事に行ってハッピーになれば、俺はそれが嬉しい。」
自分だけを優先して目の前のことに飛びつかない。フェルナンドは仲間へのおもいやりがある。フェルナンドと一緒にいると、大きくゆったりとした時間の流れを感じることがある。自分が仕事をとりたいという焦りを抱くことが、その時点ですでに今の社会を構成している資本主義のメカニズムに従属する行為であり、自らの中にそのような生き方を再生産をしていくことになる。P46

読者

Bf0c5949 b450 4f44 8dd8 6236a7a65f26Picture983174f9 85c8 4613 a4d3 84ea2902e0f4 3人

社会

未解決事件 グリコ・森永事件 捜査員300人の証言

未解決事件 グリコ・森永事件 捜査員300人の証言

Picture

渡辺洋介

神田村経由専門書版元

NHKスペシャルとして放映された「何故、かい人21面相を逮捕できなかったのか」その原因を当時の捜査員と共に探っていったこの番組は放映当時新たに判明された新事実にこの事件を追ってきたというほどでもないが興味を持ち続けてたものとして驚愕した。そして書籍化されたものを文庫化。文庫化にあたって加筆等は無いのが悔やまれる。事件当時、森永の1,000円パックに喜んでいた子どもからすっかり大人になってしまった身としてはキツネ目の男に職質をかけるかどうか?組織、現場どちらの対応もわかるだけに悩ましい。 事件の主な舞台となったのは先月大きな地震のあった北摂地域、その都心でもなく地方でもない独特の風景が印象に残る。 赤軍とグリコ・森永事件については何年かに一度は本が出るけどついつい読んでしまう弱点。「罪の声」再読しようかな。

2日前

F0214d3d 02b4 424e 90aa 3ec43305683aBd8068de 7d23 4c66 bfa4 ba57767db09bIcon user placeholder
LIFE SHIFT

LIFE SHIFT

E0e892cb ca8e 4b41 b043 f671e77f5dc5

Rudytskyi Vitalii

読書が好きな旅人(^-^)

この本を3つにキーワードを絞ると、人生戦略、無形資産、有形資産です。

7日前

7488fce7 afb7 46f0 9f41 1aee0af84bfbF2f82b62 9e2f 49d0 a6c6 d5e70d3009b7C3c5948a 46dc 4471 abfc 816b7a7cfc13 125