31og23f0zzl

きっかけは「忘れられない本」。そこから始まったメールの交換。共通の趣味を持つ二人が接近するのに、それほど時間はかからなかった。まして、ネット内時間は流れが... 続き

コメント

普通の(ヒロインが聴覚障害者なだけ)恋愛物語。この話を普通だと伝えたい書き手の意思が伝わる本でした。良作です。

その他のコメント

うわーやられた!
ワクワクして、切なくなって、腹が立って、涙を流しながら読みました。
こんなに感情を揺さぶられる本はなかなかない。

誰もが心の中にある醜さと温かさを、どうしてこんな風に書けるのだろう。
素晴らしいの一言です。

少ない登場人物の中で、とても深い心情が描かれている。
作中に出てくる物語との対比が面白い。

読者

E7245062 a26c 4832 b620 d50414471cdd21432533 9b51 424a 8da3 02b49eff6cb8C2952b28 ce5f 4d28 a16a 0c9e21412e40Dcd670a3 93e1 433c b80e 2fa0748fe728Cfbe46a2 0546 4a1d aea0 0888e9efbbcb933e980f d1eb 4661 943e ed2867259606D143ef6b 22b1 49f1 88fa f5310f538951Icon user placeholder 107人

有川浩の本

ヒア・カムズ・ザ・サン

ヒア・カムズ・ザ・サン

79db7a27 65e0 4abe 91ce f246bca4f2bd

kuwa

小学生を相手に、日々働いています…

登場人物や設定は同じなのに、ストーリー展開が違うだけで、こんなにも父親像が変わって見えることに驚かされた作品。 それに、2つ目を2つ目に持ってきたところがまたいい。逆だったらこんなにも心に残らなかったと思う。 「親は立派な人であるべきだっていうのは、子供の幻想」だから「諦めろ」のくだりは、皆が一度は通る道なのかもしれないなぁなんて読後感。

8か月前

E7245062 a26c 4832 b620 d50414471cddC2952b28 ce5f 4d28 a16a 0c9e21412e40Ddf01909 15e6 4b9a 97a7 21e23fc58f1e 30