51xhgwn2x l

コメント

幾つもの類型的な物語を組み合わせたような話、といってしまっては元も子もないが、美しいスチール写真と池澤夏樹さんの解釈による映画版には無いスクリプト、昨今のアニメーションの過剰な感情表現とは真逆のミニマルなキャラクターの描写にとても上質の情感が味わえる、大人向けの絵本でしたよ。

読者

7cf89040 903d 4577 9f5d 18ed1a8c7fa5C15a8782 9534 4cb0 b5eb 5083ea7575c2

文学

i

i

65b89b30 f891 4d14 89af d24e21e2fbc6

Emmy

なし

一気読み 力強い文章で大好きです 他人の痛みを想像するとは「心を、想いを寄せること。」

11分前

F7a1302b ab9e 4c05 82ee 2e133855b37eIcon user placeholder5cd558ef 0244 4de3 a51a 6bca5de4fd16 214
死神の浮力

死神の浮力

Dc47a3f7 801d 48b2 b661 c6654d54393b

Joe

Joe

僕の想像の仲では、 山野辺…滝藤賢一 美樹…大塚寧々 千葉…福山雅治 本城…木村拓哉 でした。 難しい描写がなく、淡々と読み進められる本でした。 淡々と読み進められる分、盛り上がりにも欠ける感じがして、残念だった。 千葉が山野辺の復讐に力を貸す理由が、仕事だかやら、以上の何かがあればよかった。

1日前

677b77aa 303b 48de b84f edfc5840fbd6242810c2 8f91 46d4 9b1c a8aa10baddaa297a1221 eed7 4be4 a5ca 490d8531caa1 51