51gxctjfy0l

「おまえはヒップすぎるぜ、ベイビイ。そうだろ。ただのヒッピーなのさ」パリのジャズシーンで自由を謳歌する学生マレイと黒人ピアニストのバディとのクールにしてビ... 続き

コメント

テリー・サザーンの短編集。アレン・ギンズバーグやウィリアム・バロウズと仲が良かったから気にいると思う、と薦められて読んだら大正解。麻薬の煙に巻かれてくらくらしている間に何度もスウィングを繰り返していく内にどこかへ放り出されるような感覚に陥る。読んでいる間に起こる陶酔と、読み終わった後の寂しさがまさに麻薬的な楽しさを秘めている。ケルアックの『オン・ザ・ロード』へのラブレターのような『地図のない道』がとても良かった。しかし一番はやっぱり『ヒップすぎるぜ』だと思う。あれは切なくて苦しくて、自分みたいなビートもどきが読んだらそのまましばらくあの世界から抜け出せなかった。

読者

Icon user placeholder

テリー・サザーンの本

51fmhbghikl
9e241c8e 5f45 4ff8 93c2 f1ce5d82d4ab

フジ ナナミ

あいらぶっく

ザ・60年代!な、キュートでくだらないエロティックコメディー 笑

約2年前