511a5jm6r9l

満月の夜に連続して起きた一家惨殺事件は全米を震撼させた。次の満月までに犯人を逮捕すべく、元FBIアカデミー教官のグレアムは捜査を開始する。彼は犯人像の手が... 続き

コメント

ハンニバル・レクター シリーズの一番初めの話。やはり映画よりもこちらの原作が好き。

読者

Ec9d141a dc97 41df 812e 9427c9e8c25fEe751934 df40 4fe9 af13 98e2e9c1113fF4104f79 c929 4596 a21d ed35645e0de060d71e58 9a0c 4803 a0cc e20f4c56f934 4人

トマス・ハリスの本

ハンニバル・ライジング 下巻

ハンニバル・ライジング 下巻

5dbe0e4b bc3f 440a b73e c5fedd4f340f

cobo

昔の記録に

みんなが知ってる怪物の生まれやその後の経過をはっきりさせる小説です。何と言っても映画「羊たちの沈黙」を映画館で見てショックを受けた私にとっては読まずにはいられないです。 で、これがダメです。 だってレクター博士は子供の頃からスーパーマンなのです。 だから、何故あんな人間が生まれてしまったか?という問いにはあまり答えてくれません。一応戦争の為、あるいは幼くして死んだ妹の為、になってますが、それだけではどうしても納得できませんでした、私は。 多分「映画」にする為にハンニバル・レクターに殺される悪役だな、コイツ。とか、「映画」にする為に出てきたな、美人の日本人の未亡人『紫』、とか。そんな本に集中したいのに、私だって、レクターの話し楽しみたいのに、頭の中の「ツッコミ小人」が黙っててくれません。黙らせる事ができないくらいストーリーとしてはっきり言えば「陳腐」なんです。 ストーリーが「陳腐」なのに、キャラだけ立ってても辛い。 が私の個人的感想です。 多分映画も見に行かないかも。 いままでのレクターモノは面白かったのに、「映画」も「本」も(映画「ハンニバル」より本「ハンニバル」の方が良いです、結末も、説得力も)今回はダメな気がします、少なくとも「本」はダメでした。 謎は謎のままが良かったのか? 2007年 5月

1年前

羊たちの沈黙

羊たちの沈黙

0e531ff4 0c7f 435f b3ad 228c1d444d60

いいたけ

tell me

サスペンス史に残る名作。怪物でありホラー的な魅力を持ったレクター博士を超えるようなキャラクターは未だに見たことがない。。。

3年前

187a945f 0f3d 47ab a8b1 0dbb1719150692921a81 2531 4064 a689 cc6d1319fd9c4557f884 306e 4cf5 97b1 b644d5caaf73 10