51zyckw0ctl

人質は350万キロリットルのビールだ-業界のガリバー・日之出麦酒を狙った未曾有の企業テロは、なぜ起こったか。男たちを呑み込む闇社会の凄絶な営みと暴力を描い... 続き

コメント

読破に時間かかるけど、飽きずに読めだ。

その他のコメント

合田と加納の雰囲気が…。
高村さんの本にしてはとっても読みやすかったです。

読者

8d68ef74 41b3 4e17 9a09 35c880c010d69b92c5df 953f 473f be92 1f218474893d1074c994 b074 4764 88ce 92cee415aa0a 3人

高村薫の本

土の記(下)

土の記(下)

Picture

渡辺洋介

神田村経由専門書版元

上谷伊佐夫72歳の思索というか脳内皮質に浮かぶあれこれを上空三メートルから体験するココひと月の通勤読書時間。なぜか癖になる。ここでも過去に生きるのは男ばかりか。

1年前

土の記(上)

土の記(上)

Picture

渡辺洋介

神田村経由専門書版元

奈良県宇陀市西山岳にある集落に住む上谷伊佐夫72歳は妻を亡くしたばかりの婿養子。12年前にシャープを定年退職してからは妻の看護をしながら上谷家の土地を守り農作業の日々。そんな凪のような日常だが自身の老いや衰え始めた大脳にフラッシュバックするのは妻のかつての不貞行為らしきものなど堂々巡りの思考。本作が不思議なのは老化の進行具合や鼻粘膜で感じる山間部の湿度など読み進めていくうちに上谷伊佐夫自身になってくる感覚か、否伊佐夫自身というより2メートルほど浮き上がった視点からの追体験というほうがしっくりくる。

1年前

神の火〈上〉

神の火〈上〉

2cb42f27 d95d 4b5b a8b2 bcbdba5780a7

いち

狭く浅い

上下読みました。李歐のほうが私は好きでした。最後まで読んだ時感想がしばらく「うわあ……」しか出てこなかったです。再読はしない気がしますが、「目玉ふたぁつ!」は時々思い出します。

2年前

476099a1 f23a 4100 bbac e4588450ecf29b92c5df 953f 473f be92 1f218474893d