11fs9p2fcnl

アリストテレスによって弁論術・詩学として集大成され、近代ヨーロッパに受け継がれたレトリックは、言語に説得効果と美的効果を与えようという技術体系であった。著... 続き

コメント

比喩と言えば隠喩だけど、この本で直喩の魅力に気付かされました

レトリックと聞いて揚げ足取りの詭弁と思うなかれ。ここにあるのは実用的な修辞法だ。文学小説にあるような複雑な人情の機微を説明口調にならないよう、如何にして少ない言葉で上手に表現するか。それを体系的に教えてくれる良書。

とはいえ文学系に寄るかな。この本のテクニックを新聞の記事で使ったらちょっとクサくなる。

修辞技法を、ことばを捉え直す良書。

読者

C69bc7fc 828b 4434 9ae6 7762615167ba565087b5 d3fb 404c 85d7 b767a6b1f378F4075775 cca2 4b8c b009 8e2cb5924b67A48686e8 5e7a 4cce b92f 4a0d0f0d1cb966ddcdbc c048 428d b2dc c4c4f5aad240Fcda98e1 ab05 465d a5e5 d5c6a9193b11 6人

佐藤信夫の本