51be1142h2l

なぜ「速読」より「多読」なのか?訓練不要であなたの思考が劇的に変わる。1日1冊のビジネス書を効率的・戦略的に読みこなす投資としての読書法。 続き

コメント

読書を自己投資と割り切り、投資額の100倍のリターンを得るための方法が書かれていた。

読書をする時間がないと言う言い訳を、読書をしないから時間がないと言われたのは身につまされた。

勉強のためには、カテゴリーを集中する。自分にとって易しく、安価な方がすぐに役立つ本が多いことや、実務者が書いた経験型の本を読んだ方が良いなど、本の選び方も勉強になった。

また、本の読み方として、その本から何を学びとるかを明確にし、制限時間を設けて一気に読むカラーバス効果(学びたい箇所を明確にして読めば飛ばし読みでも重要部分を拾える)や前書き・目次・後書きを読んでから読む等役に立つことが多かった。
また、2割程度読めば重要部分の8割を抑えられると言うことや、ダメな本はさっさと切るなどの読む為の心構えとして役立つと思う。

最後は、殆どの読書本に共通している読書後のフォローについて書かれていた。これは重要なんだろうな。

その他のコメント

多読するには、自分の好き好みだけでは難しい
そのため興味がないジャンルでも手を出していくこと

読者

9252f87e 26cf 426b b6e6 2e47672dfd2aIcon user placeholder522b2427 7b6f 4545 9fc6 099fc68c2211Icon user placeholder450974d3 f645 49c4 ab5a 4c88433f554eIcon user placeholderA5842465 cd81 4d78 acd9 29b6e11548d37d60142a 47c0 4527 8975 4e2104794956 47人

本田直之の本

25歳からのひとりコングロマリットという働き方 ~仕事も肩書きもひとつじゃなくていい.~

25歳からのひとりコングロマリットという働き方 ~仕事も肩書きもひとつじゃなくていい.~

2bd0bda4 b5c1 4657 a139 0727faa512d1

yone

気分でなんでも読む

好きなことで食っていくっていうのは、何も一つの仕事をやり続けることではないんだと、目からウロコだった。副業ではなく複業という考え方。確かに色々手掛けた方が楽しいし、経験も発想も広がるしリスクも分散できる。時代も変わり働き方も変わるということ、わかっていたけど、わかりやすく纏められていて、かなり面白かった。

10か月前