51be1142h2l

なぜ「速読」より「多読」なのか?訓練不要であなたの思考が劇的に変わる。1日1冊のビジネス書を効率的・戦略的に読みこなす投資としての読書法。 続き

コメント

年に本を400冊読む作者の読書習慣に対する徹底した工夫がとても参考になります。

未読本のストックを10-30冊は常にある環境を整える。本から得たい情報・目的を念頭において1時間程度で読み切る。情報を常にアップデートするような読書体験ができそう。

パレードの法則しかり、有益な情報は本一冊、全体の読書量から2割程度という体感に関する話も、作者の読書量を鑑みるに説得力があります。

そして、その2割の有益な情報をマークしておき、ビバレッジメモにまとめて知識定着するまで持ち歩いて読み返す。この読後フォローが読書家と実践家の境目だと痛感しました。

作者の前のめりな読書への姿勢は見習う価値あり。

その他のコメント

多読するには、自分の好き好みだけでは難しい
そのため興味がないジャンルでも手を出していくこと

読者

B44af908 6433 4656 96d8 54d58262dea679887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a78fe9c0bf 1fa7 40bd 831f f37f992766deIcon user placeholderA2d8f828 5aee 4290 82ab 35d5c13c5bdcA42ef59b a60f 407e aff7 2ca5e299061c865cffbd 731a 4678 951e b461b44050052b737a21 ce60 4c95 814e f0da83a6bc75 74人

本田直之の本

25歳からのひとりコングロマリットという働き方 ~仕事も肩書きもひとつじゃなくていい.~

25歳からのひとりコングロマリットという働き方 ~仕事も肩書きもひとつじゃなくていい.~

2bd0bda4 b5c1 4657 a139 0727faa512d1

yone

気分でなんでも読む

好きなことで食っていくっていうのは、何も一つの仕事をやり続けることではないんだと、目からウロコだった。副業ではなく複業という考え方。確かに色々手掛けた方が楽しいし、経験も発想も広がるしリスクも分散できる。時代も変わり働き方も変わるということ、わかっていたけど、わかりやすく纏められていて、かなり面白かった。

1年前