51ftjrv0pxl

半沢直樹、出向! あのドラマの続きが読める!子会社の証券会社に出向した半沢に舞い込んだ巨額の案件を親会社が横取り。「倍返し」を決意した半沢はIT業界を舞台... 続き

コメント

面白く読みました。世代で諦めるのでなく、周りの状況でよりよく頑張っていくことが大切だと思う。自分の美学に従うようにしようと思う。

前々作、前作に引き続き。世代にも組織にもブレず、芯を貫く姿に感銘を受けた。早速次作を手にとろう。

世代を言い訳にしてはならないと改めて確認。前2作と比べカタルシスがやや少なかったかな。

自分もロスジェネ世代!
頑張らねば!

私はバブル世代かな?(笑)
ラスト前の半沢のセリフ、今の社会にも当てはまる。
次の世代に託す事しか出来ないなんて言い訳はせず、今ある場所で一生懸命人の為に頑張ろう。
その姿を次の世代に見せなきゃ。

ずっと待ってた 文庫版

企業買収だとか この辺りに縁のないわたしでも わかりやすくて
話のテンポをじゃますることなく読めたので さすがだなあと

わたしは ゆとり世代だけど 半沢のように もっとお仕事がんばらなきゃな!と思いました

毎回スカッとして気持ちいい
続きはやくでないかな

銀行本体と銀行系証券、そしてIT企業たちが互いに争います。読書はあまり好みませんが、サラリーマンチャンバラのこの本は読みやすい上に面白いです。

物語が二転三転するけどテンポよく読めてさすがでした。痛快で、新作が読みたくなります。

半沢直樹シリーズ第3弾。
今までの作品よりも社会人として勉強できる考え方が多かった印象。
まだまだ新人の自分ですがこんな風に仕事したいなと思える箇所ばかりです。

★5 敵対的企業買収を防衛する。証券会社に出向した半沢は、顧客第一主義を掲げ、敵側についた親会社の銀行に真っ向から勝負を挑む。

エンターテイメントとして花マル。今回はいつも以上に人物が魅力的だ。買収を仕掛けられた社長は若く希望に満ち溢れる。経営に失敗した初老の紳士は苦渋の決断を迫られる。銀行の頭取の人となりはリアル。そして半沢のキレの良さ。生き残りをかけた戦いに社長たちは、攻める、守る、身売りする。その果てに彼らは何を得て、何を守ろうとするのか?

実際の買収については知らないが、こんな風なのかなと思えてとても面白かった。オススメ。

半沢シリーズ第3弾。出向した半沢直樹が相変わらずの奮闘。予想通りの展開だったが面白くて一気読みしてしまいました。期待を裏切らないシリーズ。

読者

Icon user placeholder7ecd3867 4232 4a75 8738 cbe1e11b727c92c69765 4332 4e2a a0cc 1162fd661b14Cdadd83a 1b3f 45ee a6ce 38d868355a70Ccdfc241 2557 4f44 861a 586c3e0d4ce8Bd8068de 7d23 4c66 bfa4 ba57767db09b68ee6221 93c9 4c7e a417 d1318a3c051bIcon user placeholder 50人

池井戸潤の本

下町ロケット ガウディ計画

下町ロケット ガウディ計画

D6cfad9f 7539 4187 b064 2449c9588bba

たけちよ

23歳。銀行員。

池井戸潤さんの作品はだいたいパターンが決まっていて展開が読める。読める、にもかかわらず面白い、読めるのに先が気になって加速度的にページをめくるスピードが上がる。不思議。

約2か月前

Icon user placeholderDa06e4bf 15b1 4197 862f e10963f3ab6492d06a10 2147 4a77 84f2 81176c2f089a 15
下町ロケット ヤタガラス

下町ロケット ヤタガラス

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

いつも通りの展開。分かっていながら、理不尽な横ヤリにイライラしてしまいます。笑 無人農業用ロボットのエンジンとトランスミッションの開発を中心とした話の副題が「ヤタガラス」なんです! ニクいですねぇ。 根っこはロケットに繋がるのです。 そして下町の心意気が、泣かせます。

3か月前

Da06e4bf 15b1 4197 862f e10963f3ab64Bd8068de 7d23 4c66 bfa4 ba57767db09b5bdba938 f911 499c b90b 1828646bd07e 19