51ftjrv0pxl

半沢直樹、出向! あのドラマの続きが読める!子会社の証券会社に出向した半沢に舞い込んだ巨額の案件を親会社が横取り。「倍返し」を決意した半沢はIT業界を舞台... 続き

コメント

面白く読みました。世代で諦めるのでなく、周りの状況でよりよく頑張っていくことが大切だと思う。自分の美学に従うようにしようと思う。

前々作、前作に引き続き。世代にも組織にもブレず、芯を貫く姿に感銘を受けた。早速次作を手にとろう。

世代を言い訳にしてはならないと改めて確認。前2作と比べカタルシスがやや少なかったかな。

自分もロスジェネ世代!
頑張らねば!

私はバブル世代かな?(笑)
ラスト前の半沢のセリフ、今の社会にも当てはまる。
次の世代に託す事しか出来ないなんて言い訳はせず、今ある場所で一生懸命人の為に頑張ろう。
その姿を次の世代に見せなきゃ。

ずっと待ってた 文庫版

企業買収だとか この辺りに縁のないわたしでも わかりやすくて
話のテンポをじゃますることなく読めたので さすがだなあと

わたしは ゆとり世代だけど 半沢のように もっとお仕事がんばらなきゃな!と思いました

毎回スカッとして気持ちいい
続きはやくでないかな

銀行本体と銀行系証券、そしてIT企業たちが互いに争います。読書はあまり好みませんが、サラリーマンチャンバラのこの本は読みやすい上に面白いです。

物語が二転三転するけどテンポよく読めてさすがでした。痛快で、新作が読みたくなります。

半沢直樹シリーズ第3弾。
今までの作品よりも社会人として勉強できる考え方が多かった印象。
まだまだ新人の自分ですがこんな風に仕事したいなと思える箇所ばかりです。

★5 敵対的企業買収を防衛する。証券会社に出向した半沢は、顧客第一主義を掲げ、敵側についた親会社の銀行に真っ向から勝負を挑む。

エンターテイメントとして花マル。今回はいつも以上に人物が魅力的だ。買収を仕掛けられた社長は若く希望に満ち溢れる。経営に失敗した初老の紳士は苦渋の決断を迫られる。銀行の頭取の人となりはリアル。そして半沢のキレの良さ。生き残りをかけた戦いに社長たちは、攻める、守る、身売りする。その果てに彼らは何を得て、何を守ろうとするのか?

実際の買収については知らないが、こんな風なのかなと思えてとても面白かった。オススメ。

半沢シリーズ第3弾。出向した半沢直樹が相変わらずの奮闘。予想通りの展開だったが面白くて一気読みしてしまいました。期待を裏切らないシリーズ。

読者

68ee6221 93c9 4c7e a417 d1318a3c051bBd8068de 7d23 4c66 bfa4 ba57767db09bIcon user placeholder3fd02c7d 938e 4822 97c2 e101f588f5e2D418947f 7a7a 4e55 8279 91805e9cda40C5440a6a 2c87 4022 a073 d86759f6dcd7469dc581 d1f4 41c6 8dea eb5ff9a64ae371791768 adcf 4707 b0c9 fca0fb14ee41 45人

池井戸潤の本

下町ロケット ゴースト

下町ロケット ゴースト

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

これは、次のヤタガラス編も同時に出して欲しかったですね。すぐ、続きが読みたい! ガチガチの特許裁判は神谷弁護士を迎えて、昔を思い出す展開でした。佃製作所が手を貸したのはギアゴーストという会社。 ヤタガラスというのは、準天頂衛星の名前です。 これがどう佃製作所とギアゴーストとダイダロスと絡むのか。それは、佃航平、財前道生、伊丹の人間が関わるということです。個人的には、殿村経理部長も関わって欲しいと願ってます。 機械技術の話や裁判内容は難解ではありますが、イッキ読み必須です。

約2か月前

E70ad272 544f 4613 a86d a2e1d53ea09b65b89b30 f891 4d14 89af d24e21e2fbc60a33d080 afd2 4d51 8229 a727cb668ce4 15
なるへそ

なるへそ

4039f9ab 21e0 46d2 9d46 6d4b2f6d8b25

おかめ麦酒

本とお酒と映画が好きです。

ちょっとした待ち時間に読み切ってしまった。 さすがkindle single。 確かに電子でちょっと読むには丁度いい。 話としては、、、 落語じゃん。笑 ご主人の謎解きから、最後のオチが良かったです。

4か月前

オレたち花のバブル組

オレたち花のバブル組

330d952e 6d48 4190 8adb e6c73f20886f

Hajime Ishida

楽しく記憶に残す読書 【記憶に…

何年か前のドラマ「半沢直樹シリーズ」を思い出しつつ読んだ。 一度は精神的に病んでしまったこともある、半沢の同期の近藤が、意外にも活躍していて驚くとともに頼もしかった。 半沢直樹の相変わらずの不屈の闘魂には脱帽。 ドラマで内容を予め知っていても楽しめました。

6か月前