61qfgsyeaol

抱きしめたいほど切なくかわいい友情物語! 2016年ベルリン国際映画祭で「映画化したい一冊」に選ばれた、抱きしめたいほどかわいくて切ない友情物語!... 続き

コメント

大切なモノをなくした人
一歩が踏み出せない人
ぜひ読んで下さい。

心のサプリメント要素があります。

表紙のかわいらしさに惹かれて。理系コンプレックスがあってあんまりSFは読まないのだけど。主人公は親の遺産で働かなくても食べていける男。ある日、庭に座っているクラシカルなロボットを見つけて、という話。やり手の弁護士である妻にも愛想を尽かされて一人になってしまった主人公はロボットを直せる人間を探す旅に出る。ちょっと未来くらいの設定で単機能をそつなくこなすアンドロイドが一般に普及しつつあるのだが、それに比べて何にもできないけど学習能力があって感情を持つロボットと世界を旅する中で主人公自身も成長して、というよくあると言えばよくある話なのだけどこれが実によくできてて面白かった。小難しい話は全く無く、笑える箇所が適度に入っていて万人にお勧め出来る作品でした。

ロボットのタングは、小さな子供。可愛いだけでなく、結構ヤンチャです。可愛くない時もある。けど、全てが愛しい。自分が完璧だと言う馬鹿者は、一度子育てしてみたらいい。まともな人間なら、自分がいかに愚かな人間か気づく事だろう。そして、自分がどれだけ大切な人間であるかという事も気づかせてくれる。
エイミーの物言いは、私には理解出来ないけど、コレは国籍の違いという事にします。笑笑
翻訳本は苦手でも、次の巻読みます。タングの成長が見たいから。

2018/2/7読了
タングが可愛い。
地球を半周する旅に出てる時も、家に帰ってきて改めて現実に向き合いながら成長する流れも、何となく淡々としていて、ストーリーとしては綺麗にまとめてあるけど地味かな。
とりあえず、続巻の「ロボット・イン・ザ・ハウス」は借りてあるし読む。

とっても癒されて、勇気が出る本だった。

親の遺産で生活してる男が、ある日庭に現れたロボットの相手をしているうちに妻に出て行かれ、その後、ロボットの製作者を探す旅の中で成長していく話。主人公は大人だが、少年の成長を書いた物語のよう。
少し都合の良すぎるところはあるけど、読後感は爽やか。とにかくロボットが可愛くて魅力的。主人公の性格に自分の重なるところがあって複雑な気持ち。

読者

F239bf4f e528 43f7 b5f6 1a87afa865f0Db6aea15 fb3c 40f3 a43f 953741d43863Ba6f3735 afec 45f6 b78e 96c6b0ae0c661b14913b e1c6 4126 adcd 1f5a003a9218Icon user placeholder7eea9519 6f57 41e9 a60b d25374c2ec9eDe457993 8683 4724 ae04 5b8645cc19b0E13c4327 ac62 4f4f b670 f6bf657f08e1 29人

デボラ・インストールの本

ロボット・イン・ザ・ハウス

ロボット・イン・ザ・ハウス

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

ロボットタングシリーズ第二弾。 九ヶ月の「ボニー。」ボリンジャーから送られてきた「ジャスミン。」かなり優柔不断な中年主人公ベンも、家族を守る為に奮闘します。タングの成長は、まさに幼児の成長を見るよう。タングのお茶目で純粋な所に、皆やられていく。笑 翻訳本が苦手ですが、楽しく読めました。

3か月前

Db6aea15 fb3c 40f3 a43f 953741d43863De457993 8683 4724 ae04 5b8645cc19b0E13c4327 ac62 4f4f b670 f6bf657f08e1