51ywz 4qorl

コメント

叙述トリックの入門書。
「読みやすい量(200頁前後)」
「叙述トリックのテクニック」
「頁数まで注釈として入る解説編」
どれを取っても、こんなに親切に書かれた教科書的なミステリーを私は知りません。
ミステリー、特に叙述モノに興味のある方には是非読んでもらいたい。

第1章から第2章への語り部の変更などで、違和感ありながら読む感じで、、、うーん、犯人は意外といえば意外だったけど、当たりではないが遠からず、って感じでしょうか。

騙されたというより混乱したというほうが正しいかもしれない。筒井康隆氏の手のひらの上で上手に踊らされた。そんな小説だった

テンポが良くて、一気に読めます。
犯人が分かってもう一度読み直すと、一度目とはまた違った楽しみ方が出来ました。

犯人当てしながら読むといい作品だと思います。

叙述トリックも面白かったけど、サスペンス劇場的な想いのすれ違いを再現してるのも面白い

リアクションが、驚きとうーんと唸るに分かれると思うミステリー。僕はうーんだった。でもトリックはすごい。

私も混乱した一人。後半まで読んだあと、また前に戻り…を何度も繰り返す。でも20年ほど前に読んだ本を今でも覚えているのだから、面白かったんだと思う。

読み終わって、トリックが明かされたあとの驚き。そしてそのあとにトリックを知った上で、読み返す面白さ。

よみ終えてすぐ読み返したくなる一冊。あっという間だった。

最後の最後で、今までの?がすべて!に変わる瞬間がとても気持ちいい。ミステリはあまり読んでこなかったけど、こんなに楽しいなんて。

読者

3bce1cfc b9a0 4efa 8d09 a4ed17561955De457993 8683 4724 ae04 5b8645cc19b00539a6e9 70a2 403b 8838 d3791f5468eeC4459762 9962 413f 93cd 178e390ec04f3f10325b 249d 4bf9 809a 0c01f5c7460b5432a937 b878 42da 859e 0219425d8c6cB58225fe 0d10 469d 88b1 fef8ec4a30c36cd227dc 4993 4c94 90fd 1e6b820d9745 22人

筒井康隆の本

銀齢の果て

銀齢の果て

D70bfac7 b50f 4a31 902b bf858029009c

aker_log

書店員+みつばち古書部//SF/…

P290 老人を殺すことは過去を殺すことです。これはつまり子供を殺すことが未来を殺すことになると考える考え方と同じです。

6か月前

笑いの力

笑いの力

55726567 d82a 4e2a 8834 03827f5e7724

m a chi *

本読むのすきです(◍´ᴗ`◍)専…

期待していた内容とはちがった。 でも「笑い」について、もっと知りたい学びたいと思わせてくれる内容だった。 ユーモア、大事。

7か月前

にぎやかな未来

にぎやかな未来

Ee751934 df40 4fe9 af13 98e2e9c1113f

Karma

本は人生の先生でありお友達

初めて読んだのは小学生の頃。子供ながらに筒井氏のユーモアのセンスに感服したものです。今でも楽しめる短編集です。

7か月前

〆切本2

〆切本2

C779f4d6 6d86 4cd1 807e 98e65ce8e488

tvdinner78

趣味はドリアン。

まさかの第2弾! 表紙・見返しに掲載されてるパンチラインは健在。

8か月前

Icon user placeholder014253d4 6080 4951 9119 24735184a69607acc6ed ac6d 4f63 87b7 11b2054d6589 8