Btn appstore Btn googleplay
51ywz 4qorl

コメント

叙述トリックも面白かったけど、サスペンス劇場的な想いのすれ違いを再現してるのも面白い

その他のコメント

叙述トリックの入門書。
「読みやすい量(200頁前後)」
「叙述トリックのテクニック」
「頁数まで注釈として入る解説編」
どれを取っても、こんなに親切に書かれた教科書的なミステリーを私は知りません。
ミステリー、特に叙述モノに興味のある方には是非読んでもらいたい。

第1章から第2章への語り部の変更などで、違和感ありながら読む感じで、、、うーん、犯人は意外といえば意外だったけど、当たりではないが遠からず、って感じでしょうか。

読者

Dqssvyi  normal8077ed0a 4b29 4269 8c36 2c2aefd71153406f1245 066b 423b 87eb 22a797955e974a7df045 94f7 4920 9ef5 b95d5599f46c6bb06d30 3e14 42e6 bed6 45adc97f7d06562d0a4a cc5c 44ac 8bd7 55e9d865b49aD4f645e4 009c 4f5c 8e85 b59f721be82aBb5e4a0e d707 40cc a7dd ea5c14c8aad3 32人

筒井康隆の本

霊長類 南へ

霊長類 南へ

252fdc4b f5b3 486d 860e e8c81b95575c

あやう

SFが好きです

暴力や血や内臓がたくさん出てくるので、弱ってる時に読んで大丈夫かなあと心配しましたが、途中で「筒井康隆の世界はタランティーノの世界といっしょなんだ」と気づいたので無事読み終えられました。

6か月前

酒呑みに与ふる書

酒呑みに与ふる書

721ff227 6404 486e a136 194741a375b4

付喪神

基本、何でも読みます

2019/04/06 読了 〜あるいは酒でいっぱいの海〜 松尾芭蕉から夏目漱石。江戸川乱歩に折口信夫。角田光代や村上春樹。内田樹と鷲田清一も。 酒の肴にちょうどいい。ちびちびやりながら楽しく読みました。日本酒の話がもっとあったらもっと良かったのになぁ。 装丁が素敵ですね。 〜すべての酒呑みに捧ぐ〜

1年前

E29b7181 6c2e 4dfd 934c 787f314924e3C715a1c6 849c 4247 b7a3 64506fe554839ac9871f 33f3 4bb3 b203 9133cb38cc65 27