51k exuzw5l

俺たちの呪われた運命に、ケリをつけてやる-。日本政府に対するケイたちの痛快な復讐劇が始まった!外務省襲撃を目撃した記者、貴子は、報道者としてのモラルと、彼... 続き

コメント

日本の南米移民政策の実態とそれによって起こされた弊害について書いている小説。どこまでが事実かは分からないが、国家の勝手な都合とプロパガンダにより、無実な国民が振り回されているのはどの時代にも当てはまるのだろう。政府や役人が勧める政策は机上のものだが、それに振り回される人は実際の人で、苦しんだり、死んだりする。それを小説の形態にすることでものすごく読みやすく、上下巻の小説が一瞬で読み終わる。

その他のコメント

壮大なスケールのエンターテイメント犯罪小説。

読めばわかる。読み出すと止まらなくなる。

読者

136df2a3 3aee 4402 a223 7710f260b629F9d0bb2a a231 4110 be0b 0b0457d25af18f363b4b ed46 40b5 abf7 b1c3dfa85573Icon user placeholderFdd21047 a80d 4bf5 ab8d 014cae525a96Icon user placeholder417d400b 6de5 445e b47c 5122f205665f0102e448 d3aa 473f bf9b 235d8dfafd34 10人

垣根涼介の本

信長の原理

信長の原理

3f9ef9fb 97dd 467d ba41 641cddb23b4f

ゴジラ

面白い本に出会えると嬉しい!

織田信長の生き方・考え方がリアルに感じられ、世界観に引き込まれる。 これほど楽しんで読めた歴史小説は、ない。

5か月前

Icon user placeholder84d1a374 bc29 4c2e b929 01982e9a969073351491 78c5 42a8 90e2 9943aebdc51f 11
室町無頼

室町無頼

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

Toru Omae

欧米ミステリを中心に読んでいます…

設定的には応仁の乱のちょい前くらいかな。幕府が機能しなくなった荒れた社会、街には飢えた人達が溢れ人を救済すべき寺社が率先して金儲けに走る、そんな末期的な世の中。 主家が滅んで最底辺の暮らしを送る主人公の若者が武芸者として生きようとする話を、無法者の首領と社会革命家のような浪人との関係を軸に描いたもの。表紙とタイトルからパンクな話なのかなと思っていたら極めて真面目な内容だった。特に武芸を極める過程が壮絶かつリアリティがあって興味深かった。これはかなり面白い作品だった。

2年前

5cef2405 2710 4cb7 89d6 a4e067fea66dF3944f27 541f 46be adc2 ac4bc4587409C3b1d84d d7fc 4c10 8843 f2a06456e39e