51ucf7jq%2bcl

コメント

読み進めるうちに、話の筋道が見えて来てやっぱりと、確信した後に「えっーーー」の結末W(`0`)W
さすが、中山作品です。

その他のコメント

話が読めてきて「ああぁぁ」って項垂れてしまいました。でも、ラストシーンの数々は心の隅でチョコっとスッとしてしまった。。。一番嫌な人は誰なの?一番悪い人はだれなの?こんな村大嫌いだぁ!

読者

9de8a6e9 8ead 4e7a 9fd1 811a28cd3db9Ddf758a1 22d1 47e7 8e05 75c17bd826beIcon user placeholder72c73e32 8bab 4dc4 92f2 8fbe56ff74a6Ef990a28 87bf 4884 9d35 bb7733f574121525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad48e3a50b9 0088 4497 aaa5 3b777931b0c6840af13a 7572 4368 82d4 67845dac04e0 12人

中山七里の本

作家刑事毒島

作家刑事毒島

Akiaivjyeuyp25rambwa

アルテシマ

本と本棚好き。

うーん、痛快でもあり、不快でもある笑 評判良さげですが個人的にはちょっとクドいかな。あまりにもパターン化してる。

約23時間前

連続殺人鬼カエル男ふたたび

連続殺人鬼カエル男ふたたび

247d0cda 45d3 43e7 9daa e56b7e0783f5

HR

マンガ好きです。

刑法三十九条について、このシリーズでは考えさせられる。 その答えは、とてもじゃないけど簡単に答えは出ない。 そして被害者は加害者だけでなく、心無い世論の声とも戦わなくてはいけない。マスコミ含め。 「世の中で本当に残虐無比なのは実際に手を下した犯人よりも、こうした有象無象の匿名者ではないのか。被害者側に多大な心痛を与えた名無しの卑怯者たちには何の罰も科せられないのだから、見方によってはこちらの方が数段悪質とも言える」 そんな文章が印象的だった。 これは、イジメにも通じるものがあると思った。 傍観者は時に罪だ。 …それはさておき。 勝雄の事を思うと、切なく感じました。 あと、さゆりさん…何者なんだ、一体⁉︎ ラストがもう絶対続編決定で、「何だ、この終わり方っ!」と思いました。 勿論、続きも読みます。

約2か月前