51q5jtskeql

働き方の未来は今日始まる 働き方の未来を予測する 第1部 なにが働き方の未来を変えるのか? 第2部 「漫然と迎える未来」の暗い現実 第3部 「主題的に築く...
続き

コメント

フリーランスの時に感じていたことが書いてあってビックリした。複数の領域で極めつつ、多様な人々とコラボしながらやる事は、今の現実に近いと感じた。

これ読んで働き方を強く意識しはじめた気がする。
意識してたからか、自分だけのポッセもできた

あと人生で30年近く働くということ、未来の働き方を常に想像することが大切だと知った。働き方が変わった一冊。

読んで、確実に仕事との向き合い方を変えました。①専門性を高めること、②信頼できる人間関係構築につとめること、③経験することに重点を置くこと。

お金と消費に最大の価値観を置いていた働き方から、やりがいや情熱を重視するワークスタイルへとシフトしつつある。

キャリア観が変わった一冊です!

「働き方」というスコープよりも広い視点、生き方を考えさせてくれる本。LIFE SHIFTと比較してマネープラン等が無かった分、働くを中心にこれから巻き起こるトレンドや要素をさらえました。

量より質。幸せに生きるために自分の選択肢を理解し、自分で未来を築く。難しそうだけどそれが大事だということを改めて感じた本。

これからの生き方と働き方を問う一冊。消費から経験や体験を重視した生き方を示す。ただ時代に流され時間に追われてしまう未来から逃れるには、自分の選択と行動の出発点となる未来予想図を描くことを提言。多様性を尊重し、普通であることよりも、一人の個人として考え行動する覚悟を何度も説いている。同時に自分を癒す帰れる場所や、活躍できる場所など柔軟な人との繋がりを複数持つ重要性も説く。

いま起きている変化を理解し、自分が幸せになるためにどういう働き方を選択するか。
それを考えるために大事な一冊。

読者

Icon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholder92657f91 27f8 414c af22 c37a7811e65e5e202d0e e477 41e5 8418 bbf415032d38D35676fc 436e 48c3 b25b 7e8405e7ef2322c9f424 435a 479b 99e8 8f66ce619953 54人

リンダ・グラットンの本

未来を読む AIと格差は世界を滅ぼすか

未来を読む AIと格差は世界を滅ぼすか

C9516cad 24e3 4d46 8a08 4540cfa892fa

高橋太介

最近読書の素晴らしさに気がつき、…

世界的に著名な研究者との対談集となっています。 皆々専門分野は違いますが、彼らの見解からは巨視的な視点から世界を捉えていることが伺えました。 その中には、AIと人類の共存の可能性や人生100年計画など、今現在からすると想像しにくいトピックもありました。しかし、それと共に危機感を持って行動することは私達に出来る唯一のことなのかと感じました。

10か月前

F1e4dc23 167e 4f39 8e26 6b7568e2eb51B2ad83d8 5ff7 47e9 99e4 d699b3b88da3D35676fc 436e 48c3 b25b 7e8405e7ef23 11
LIFE SHIFT

LIFE SHIFT

Ce91adb0 0ccb 47b6 b18f c31d78e5b00b

Katsuya Norihiko

本とコーヒーで生きていけたらいい…

この枠では言い表せないほど自分の考え方に影響を及ぼしそうだから別に書評残す

2年前

35287149 ae0f 4c76 959d 79f998db80a4630f18eb 9648 4c9e b07b 1f79de355c49Cb52a2ca af51 4f45 9431 e2e2f11d48e8 172