51pcdbey8jl

全世界話題!Googleの人事トップが採用、育成、評価のすべてを初めて語った。創造性を生み出す、新しい「働き方」の原理を全公開! Googleはいったい... 続き

コメント

Google の人事(People Operations)の仕組みをオープンソースよろしく惜しみなく公開している。
「社員全員にとって採用活動は仕事の一部」という採用方針と「採用基準を厳しく設けているのであれば社員の職能は正規分布ではなくべき分布になる」といった考察や、採用や人事考課に彼ららしくエンジニアリングを導入している点(オープンデータ、データ分析、A/Bテストなど)が興味深い。
また、マネージャー不要論を証明しようと立ち上げた Project Oxygen が結果としてマネージャーの必要性と良いマネージャーの資質を導き出すことに成功したという逸話に逆説的なおかしみがあった。
エンジニアリングを武器に公正さと公平さをここまで追求している人事は他にないだろうと思う。

その他のコメント

人事に関して、思いつかないアイデアてんこ盛りです。読みやすい内容で、Google社内の事もたくさん書いてるので楽しんで読めました。

数々の仕組みをどんどん実験的に行ってるのすごい。どんな仮説と哲学をもって行ったか、成果の測り方、実際の結果とか詳細に書いてあって面白かった

読者

B307e392 1cca 43a1 919e 4f40d8e1fecb148ad82b cc80 4c78 aae9 03fc0aee6cdbIcon user placeholder1c81c53e fffc 4e52 a0ac aad944d8e01dE84971bf 3031 4171 85f9 e46a3b515a7560c975e3 584e 4464 8fda cb46a3cda45d56eed120 4264 4b9d b3ee 8a4fa43a4606C73ec256 ee18 44c0 808b 42c49c0f4c7b 29人

ビジネス

ミクロ経済学の力

ミクロ経済学の力

9b55a4b9 37db 41d2 92fa 8508e79469f7

Mecon

名古屋暮らしの大学生

ミクロ本の中でも数式が少なく、初読者におススメ。専門外の方でもなぜTPPが国全体としては利益をもたらすことになるのか、など身近な経済事象の理論を学ぶことができます。

1日前

B1d4bba7 7a2c 4190 aa6e dbb707ea76cbFd15162f 8d75 4aca 92e9 6e7bbeb45b22B9dc7b31 ba38 4577 a50e 4c532d4f94c8 8
仕事は輝く 文庫版

仕事は輝く 文庫版

Eae1d91c cd3e 4a68 849b 084ddf1bb9e1

Hiroki Kameyama

徒然読書

活字が苦手な人でも読みやすい。 内容は割愛するが、仕事で行き詰まっていたり仕事に情熱を持てない人は読んでみる価値がある。

2日前

実行の4つの規律 行動を変容し継続性を徹底する

実行の4つの規律 行動を変容し継続性を徹底する

77d0db05 0cfb 4d3f ae0d a2dd0c2182a4

GTR

よろしくお願いします

凄く読んでいい本だった!! 知名度は無いけど、よく出来た本だ。 戦略は見つけるよりも「組織として実行する方が難しい」というのは同意。 組織毎に、目標も違えば、環境も違う。 それなのに汎用性がある「先行指標」と「遅行指標」などの概念で「戦略実行」をうまく説明している。 また、4つの規律も、マネジメント層だけでなく、現場で働くスタッフにも分かりやすい説明が出来るように設計されている。 このシンプルな「4つの規律」にまとめるまでは、かなり大変な試行錯誤があったと思う。 その成果を本として読めるのは読者の特権。 また、WIGという目標設定も、ありがちな「一番大切なもの」でなくて「今の水準で一番影響を与えるもの」という質問で探すなど、机上の空論で終わらない、理論が素晴らしい。 それと「シンプルなスコアボード」を「現場で実際に動く人がつける」というやり方も、単純だけどマネージャーがよくやる失敗を回避できる素晴らしいアイデアだ。 普通は「マネージャーが考えたスコアを従業員がこなす」という形式になりがち。 これだとスタッフの自主性が育たない。 「7つの習慣」に比べて知名度は低いが、この「4つの規律」は本当に素晴らしい。 この考えや方式はもっと広まって欲しいな。 求めている人は沢山いると思う。

3日前