Btn appstore Btn googleplay
41wxzftqx0l

新生への希望と、戦争を経験しても毫も変らぬ現実への絶望感との間を揺れ動きながら、命がけで新しい倫理を求めようとした晩年の文学的総決算ともいえる代表的短編集... 続き

コメント

(新潮文庫 173頁)

表題『ヴィヨンの妻』他短編七編、全八編。
(至極愛を込めて)どれも本当にどうしようもなく情け無い男が主人公。太宰治そのものである。

女房子供が居ながら家にはロクに帰らズ お金は酒と女に使い込み、苦しくなっては悲劇の主人公のように崖っ淵の自分に陶酔し「死んだほうがいいのだ」などと言いながら、それでいて申し訳なさそうに女房に細心の愛情を見せる。

こんな陰鬱な物語なのに笑える所が沢山あるし、
本当に情けない男で 苛々しそうなのに どこか恨めず、むしろ危なっかしさに ついつい手を差し伸べてしまう自分が居る。人を “怒らせない” のが本当に上手い。

「疎開先から東京の三鷹の家へ帰ってきたのは、昭和二十一年、彼の眠去は同二十三年の六月である。この三年間に、『斜陽』『人間失格』の二長編をはじめ幾多の短編を発表しているが、ここに収めた八編はすべてこの期間のものの中から選んだ。」『ヴィヨンの妻・解説(亀井勝一郎)』

この三年間は本当に奇跡。面白かった。

その他のコメント

内容がとてもダークなのに、読みやすくて驚いた。

末期の太宰を色濃く感じる。

15年ぶりくらいに読んだが、やはり太宰は嫌いだ。

読者

177b809b 985a 404f b508 9671a88f4672F9d0bb2a a231 4110 be0b 0b0457d25af186818e08 9f1c 47a9 94d0 270200f0d841Icon user placeholder406f1245 066b 423b 87eb 22a797955e97Efc5b6cb 5675 4d40 9eb5 1a0c90312dd0B15ab106 bc5d 43d4 8bce 1b295fe7e3cfEb3f5462 78b1 41e4 ac7a 3580a0d6c053 41人

太宰治の本

斜陽

斜陽

Cdeb69a0 8550 445f bcea 85badbbe9778

Fleur◗◖˟

ただの読書オタク

5/8 太宰が見ていた世界が面白く感じた 太宰の作品をもっと読みたいと思った

約2年前

A1ea368a 6f4a 4fdc 8709 3c704c0e674eFf6412c3 1eed 48fa 9def f8fa740df82bE9060055 3283 4b39 addc aadb5890c11e 13