51793mi6xfl

大学生の城山義元は、空を見ていた。やりたいこともなく、ただ友人とつるんで毎日を過ごす。そこに現れたのは“天気オタク”の女の子だった。空が、友人が、猫が、歌... 続き

コメント

読み終わると、いつのまにか勇気をもらってる

その他のコメント

読者

458ad271 7b87 4f58 b6c8 2174cd27c5c2A20082ed d295 42eb 90be 13906f650b32D61bc789 add2 4e2c aecf 69bc54ed4972117005e8 8dd7 4b8b ad91 bcd32b50b4042db2f1f9 3e53 4fe5 ad20 c7cba115adae885ea5ef a5ff 45bb b425 bb2b724eafae 6人

安藤祐介の本

本のエンドロール

本のエンドロール

8a147539 d412 4499 b071 084ec14a5be6

キムチン(Yoko Okamoto)

大阪府出身

一篇の物語が一冊の本になるまでを、主に印刷会社を中心に描いた小説。本づくりに携わる人たちがみな誇りを持って働いていた。ちりちりと心が苦しくなる場面もあったけれど、爽やかな読後感の残る一冊でした。

1年前

E3d8a6bd b33a 40ed 9024 336e14e0a59d0023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7cAkiaivjyeuyp25rambwa 19