41zagdwin2l

"ビッグ・ブラザー"率いる党が支配する全体主義的近未来。ウィンストン・スミスは真理省記録局に勤務する党員で、歴史の改竄が仕事だった。彼は、完璧な屈従を強い... 続き

コメント

その他のコメント

何度読んでも背筋に電流が走る、恐ろしく鮮烈な小説。
「二足す二が四であることをいかにして知るというのだ?或いは引力が作用していること、過去が普遍であることを?過去も外部の世界も人の心の中にしか存在しないのだとしたら、そしてその心自体がコントロール可能であるとしたら....」
真の恐ろしさは監視社会にあるのではない。ビッグブラザーによる独裁にあるのでもない。それはニュースピークにある。人の心を規定する言語にあるんだ。

常に監視の目が光る厳しい独裁国家で暮らす主人公は、密かに現体制への反抗心を持っていた。粛清の恐怖に怯えながらも、主人公は徐々に大胆な行動に出る。
この小説は、与えられた環境・政治・慣習を甘受するのではなく、疑問を持つこと、自ら考えること、意思を持つこと、つまり人間らしく生きることの重要性を教えてくれる。
巻末のトマス・ピンチョンの解説も良い。鋭い洞察力に感服した。

読者

Icon user placeholder33c7d657 c16f 47ce b380 0f3947cdf737743b9593 b409 4abe b6c1 e420eae4686dIcon user placeholder45122d4d 760d 4ee8 8f3b 9f2de9a84a6cC38a491e 6396 4375 a09e ec086dbcdb466a0cf6d1 4250 4395 868e 3818242048a5Icon user placeholder 112人

ジョージ・オーウェルの本

動物農場: 付「G・オーウェルをめぐって」開高健

動物農場: 付「G・オーウェルをめぐって」開高健

47e08e49 e5c0 4a11 90c6 db62baeca62a

inoue

Webエンジニア

ジョージ・オーウェルのもうひとつのディストピア小説。農場で動物たちが人間を追い出す革命を起こすものの、賢い豚がやがて独裁者として振舞うようになります。寓話ですが、描かれる動物たちは人間めいて生々しい。訳者は開高健で、彼の手によるオーウェル論が3篇入っています。

10か月前

865fadca 5273 4ec0 a42c 9a58c52348ea99f3c4e0 ddcb 4f7e 8a33 32c8e52927c5A2c42132 e90d 4fe1 b5ef 607b02b13261 29
1984

1984

Bd9b1b17 01a5 422a a632 0c8fd23f1cb2

muuuupi

Going for Ph.D

ディストピア小説と聞いてはいたので、読了感の気味悪さというか不快感は想定の範囲内。いつの間にか飲み込まれるように読んでいた。 英語はそんなに難しくない。宙ぶらりんにされたものは、宙ぶらりんにされるべく書かれているのだと終盤に向かうに連れて感じた。

11か月前