41706g8rryl

コメント

その他のコメント

10行程度のものから長くても数ページのショート・ショートが149篇。滑稽、シュール、哲学的、ちょっと怖いのや笑えるのまで色々あって、夢日記みたい。ある意味ネタの宝庫です。

モンティ・パイソン的ブラック・ユーモアと悪夢、粗1作品1ページ、全149本再生される超短編集。いやぁ、ハマると最高ですよw
余談なのですが、この作品とポール・オースターの『孤独の発明』には、訳者が柴田元幸氏と言う他に、ある繋がりがあるのですが、それが直ぐに解る方は相当な読書通でありますね(^^)

読者

C9416021 ddcd 4549 a615 2e95cc0f62acC884075b 2545 45fd bfa7 4779d2f2e5f438e6da79 d16f 446c 84d6 13b9464b182375e54cd0 91fc 4138 bea3 918e00dcec0364d16223 24c7 470f 9357 751dc6929ce3B1e1383c 105e 4290 933a db9c358d12c3E11100fc 2d59 419d acd9 cf3bda06293cE4d8f046 7597 4680 afbc 9a933d5c43f4 8人

バリー・ユアグローの本

一人の男が飛行機から飛び降りる

一人の男が飛行機から飛び降りる

C0f655d8 2708 4387 8151 aef6b5d7e746

Little Flapper

仕事にまつわるしごと、ときどきア…

超短編149本。だからなんなのさ、それ夢かもね、いや現実と地続きだったりして、くるっとねじれて着地、してないぞ、などなど。超短編は写真的で一瞬のイメージが浮かぶのがにまにましてしまう。

約5年前

E76338e6 b9d0 4540 8388 7804d99769b7F1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113D6bcc074 cee6 4950 90a5 fba828377598