617o ks3aal

愛は、そこにあったんだ。 『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』『一人交換日記』と、自らの人生を描いてきた永田カビ。新たに得た友人との交流、漫画家... 続き

コメント

3話くらい読んだところでもう泣いてしまっていた。年も近いし家族に執着してしまっているところとか似ていて、色々重ねて読んでしまう。
アルコール依存や入院などを経て、最後のページらへんでは少し余裕が垣間見れて安心した。フィクションの作品を描こうと思う気持ちは素晴らしいと思う。私も自分の作品で自傷しないようにしたい。これからも永田カビさん応援しています。

読者

F5acdf0a 9d26 4489 be07 ea75c418152f81b325a4 3128 49d4 b65f 14c97e51ba575aea1110 21be 4f0a 8aa2 de0731b199dcB28d8472 e447 4a77 ba3d b9897eb56ecaE6cc0404 6868 4c66 bd72 e2b13cbbbaf2Icon user placeholderBf298046 4536 4519 868c 4f944ce9e00a 7人

永田カビの本

一人交換日記

一人交換日記

B28d8472 e447 4a77 ba3d b9897eb56eca

あなご

教育と心理の仕事。1987生

pixiv連載から読んでいてついに単行本化。Kindleで購入。苦しいほどによくわかる。カビさんの作品には救われている、それはきっと私だけじゃない。

約2年前

E829a2b0 dcc1 4eaa 879f 53e0982a8bc77f4b8b04 20e8 47d9 916f 73e91a4f10deF08079cb 580f 4e05 a544 2b7d8f20ce0d