51fajgfjg9l

少年愛、数学、天体、ヒコーキ、妖怪…近代日本文学の陰湿な体質を拒否し、星の硬質な煌きに似たニヒリスティックな幻想イメージによって、新しい文学空間を構築する... 続き

コメント

短くて不思議な話がたっぷり詰まった本。折にふれ読み返してしまいます。

足穂はこの後の著書はすべて本書の解説だと書いていますね。

その他のコメント

小説/月や星が突然怒って走ってきたり吹っ飛ばされたりする。なんでやねん、って感じ。楽しかった。

読者

74f6ebfc f4ae 4cfe b507 f62c505c8d208d37bb1d 3fb9 43b5 af5e 014415ac1919000f7f04 309c 4d70 b17e a6dba3d145d8507febdf cc04 4a81 879c 833275baed6213f06169 874b 41ba b3fe aad8e63fba1aD4c06578 5e19 4a84 93eb 1b41497073b94c39dd78 33f5 447d b8f1 7031c02b83b549c0ee70 38c3 41be a15a bcf2aa76a724 28人

稲垣足穂の本

稲垣足穂 飛行機の黄昏

稲垣足穂 飛行機の黄昏

70654604 d7ba 4ed0 9a70 1b87bd3c2a0f

yummy

本の王子様

平凡社のスタンダードブック。第2期の刊行が始まった。いきなりタルホ。そして、もう次が出ている。早い。このシリーズは全部当たり。久々にコンプリートしたい本達だ。

2年前

架空の町

架空の町

0cac4344 3ed7 4d0f aad4 1506def6e5ed

rudie_girl

改めましてプロフィールなど変えま…

国書刊行会から刊行されている書物の王国シリーズの1巻目。架空の町、幻想に縁どられた街をテーマに古今東西の優れた短編を集めたもの。このシリーズは本当に贅沢な読み物。井原西鶴、泉鏡花、中井英夫、ポオ、ボルヘス、ラヴクラフト、プリニウス、などなど。全てが絶品。

約4年前