51imjrupzbl

内気な、漫画家志望の少年が、14歳で伝統芸能の人形浄瑠璃「文楽」に入門。長い、長い修業の日々を通して、"一人前の人形遣い"に成長するまで-いまに受け継がれ... 続き

コメント

タイトルは菅原伝授手習鑑の「寺子屋」より。「仕事」への向き合い方についての文章もお人柄がうかがい知れてよかったし、弟子がバスで東京に行くと聞いた師匠が「それで、大井川はどうしますねん」と真顔で聞いた、と言うようなちょっとしたエピソードも楽しく一気に読んだ。

読者

5e5e02ad 6c28 44e4 9b60 52e91ffac761

アート