Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
51imjrupzbl

内気な、漫画家志望の少年が、14歳で伝統芸能の人形浄瑠璃「文楽」に入門。長い、長い修業の日々を通して、"一人前の人形遣い"に成長するまで-いまに受け継がれ... 続き

コメント

タイトルは菅原伝授手習鑑の「寺子屋」より。「仕事」への向き合い方についての文章もお人柄がうかがい知れてよかったし、弟子がバスで東京に行くと聞いた師匠が「それで、大井川はどうしますねん」と真顔で聞いた、と言うようなちょっとしたエピソードも楽しく一気に読んだ。

読者

5e5e02ad 6c28 44e4 9b60 52e91ffac761

アート

見た、訊いた、買った古美術

見た、訊いた、買った古美術

014253d4 6080 4951 9119 24735184a696

くすまり

読書だいすき

2010年の話だから、すでに変わってしまっているギャラリーさんなどもあるのかもしれませんが、小山さんが素直に未知の世界に飛び込んで行かれている様子が面白い。お買い物は世界を広げる。確実に。ステキなものをわたしも一つ一つ買って、それに囲まれながら、自分の感性を鍛えていきたい。

4日前

見知らぬ国のスケッチ:アライバルの世界

見知らぬ国のスケッチ:アライバルの世界

014253d4 6080 4951 9119 24735184a696

くすまり

読書だいすき

ショーン・タンが『アライバル』をどのようにして描いて行ったかがわかる本。スケッチや、シーンごとに考えていたことなどがわかり、面白い。移民について調べていって、移民した人に話を聞いて、長い年月をかけて生まれた絵本は、やはりそれだけの厚みがあるからこそ、世界中の人たちに賞賛されたのだなあと思う。

12日前

日本雑記

日本雑記

C1328c50 7403 4c06 af9f dccee519f9e4

Fu-Mi

人生意気に感ず だから気の向くま…

中公クラシックスのなかでは相当読みやすい一冊。 安吾を辿って行き着いたもので、いかなるもんかと身構えていたが、個人的にすごく気に入った。

14日前