21f1twvshkl

「遊びと仕事は夫婦みてぇなもん」と言い切る江戸人(江戸時代の人々)…カラッとしてて楽天的で、日々を楽しむことに情熱を傾けて生きる彼らこそ、遊び友達に最適!... 続き

コメント

江戸の生活に入り込める。
読んでおけばタイムスリップしても、なんとかなる。
自由でこだわりがあって、斜に構えて笑いが好き。そんなイメージ。

読者

C89f089e 7342 4f46 ad44 98bff3554545

杉浦日向子の本

ニッポニア・ニッポン

ニッポニア・ニッポン

0e0ae9ad 1063 472e b241 8851f517b2eb

嶋村史緒

無節操に何でも読みます。

今ブームである北斎の娘・お栄を描いた先駆的な漫画『百日紅』でお馴染みの杉浦日向子。 江戸時代漫画のイメージが強いが、『東のエデン』など明治初期の若者の青春群像劇も描いていた。 本作はページ数は少ないものの、江戸時代と明治初期の両方を楽しめる贅沢な一冊。 因みに日本で最後の斬首刑者の高橋お伝の最期を描いた『陽炎法師』はガチでトラウマ。 個人的に気に入っている作品は欧州へ留学へ行く若者の前夜を描いた『前夜』(←そのまんま)。 杉浦日向子はガロ出身の作家だが、この頃活躍していた大友克洋や高野文子をはじめとする80年代ニューウェーブ漫画家は、何気ないワンシーンや会話や間を丁寧に描写する。

1年前

05ad0229 fb02 435f ab07 33f7dcae878d5c50f524 f6b7 412a b19b e458d59db9fd
百物語

百物語

774af42e 30e9 462d a3c0 2639c09025a8

takeharu

主に漫画についての記録を投稿しま…

装丁はイカツイですが漫画です。 百物語というのは、ぼんやりは知っていたけど、江戸の巷で回し読みされた噺本のこと をいうらしい。 それを江戸研究者としての側面を持つ杉浦さんが漫画化したのが本書。 夏のこの時期に読み返したくなる一冊。

約3年前

3a1be093 1d7d 4e6b 8010 9b9691e1d3b15c50f524 f6b7 412a b19b e458d59db9fd607e6d58 bc41 4d63 becd 44642399f126