41wflkzfmol

食事はすべてのはじまり。大切なことは、一日一日、自分自身の心の置き場、心地よい場所に帰ってくる暮らしのリズムをつくること。その柱となるのが、一汁一菜という... 続き

コメント

いちばん大切なのは、
一生懸命、生活すること。

一生懸命したことは、
いちばん純粋なことであり、
純粋であることは、
もっとも美しく、尊いことです。

暮らしにおいて大切なことは、
自分自身の心の置き場、
心地よい場所に帰ってくる生活のリズムを作ること。

その柱となるのが食事。

一日、一日、
必ず自分がコントロール
しているところへ帰ってくる。

それには一汁一菜。
それは、システムであり、
思想であり、美学であり生き方である。
.
.
「ハレ」と「ケ」という概念。
ハレは特別な状態、祭り事。
ケは日常。
日常の家庭料理は、いわばケ。

一汁一菜の型を綺麗に整える。
ご飯は左、お味噌汁は右、漬物は向こう側。
きちんと整えることで、毎日の食事を楽しくする。

毎日手に触れるもの、毎日見るものは、
いいものが良い。
人間は道具に美しく磨かれる。
器もお箸も。

茶道では、亭主のもてなしの趣向や意図を、
何も告げないなに、客自身が察してくれることを、
亭主の最上の喜びとひている。
亭主と客が互いにもてなし合う心を
「賓主互換」と言う。
知り合いの家を訪ねたときも、
ハッと気づいた思いを口にするのは
とても良いこと。
.
日本人の心のを改めて
大切にしたいと思った。

その他のコメント

食べるということは生きるということ基本。
一汁一菜でよい、というのが「手抜きでいい」という意味ではない。
白米と味噌を基本単位として、野菜や発酵食品をとることの大切さ、ということが言いたいのでもないと思う。
なんでもない家庭料理を題材に、食べること、食卓という家庭の中心であり基礎、土台となるものの重要性、丁寧に暮らす方法などなど、たくさんの土井哲学を感じられる一冊。
良書。

読者

B46bc3c4 6279 4489 9c62 8eb16ad583bbIcon user placeholder5c738d69 3cec 4a4f ab36 b155dc79bc7bIcon user placeholder6cc053b7 a35f 4d76 8b84 5f08ee0a5def6dec539d 71d4 41f5 ac1b aa6f2b69326eD1cd8f9e 706f 4f28 9e0d 97137f8f558cF0314fe3 4444 4313 9212 c760560da604 87人

土井善晴の本

祝いの料理

祝いの料理

Ba324b96 b5c2 4e42 81fe fe1ad1a8db45

Reina Takahashi

岩手に里帰り転職しました

便利な道具もいろいろあるし、作らなくても簡単に手に入る。 でも、そういうの使わないで、あえて時間をかけて作る価値がここに示されている。 実際に作ってみても、その過程も出来上がりも、全てがありがたく感じる。 昔、私の町にあった料理屋さんのお母さんが、時間があれば美味しいものは作れますよ。皆さんには時間が無いだけです。って言ってたのを思い出す。

3年前

9922679c 987e 440a beab 7bdc46dc49f459bd25c2 59c7 47f1 a843 0c7221a7eab1