51jc1gh1pkl

★竹中平蔵教授絶賛! 「抜群の面白さと、圧倒的な説得力。『親の教科書』といえる稀有な良書だ」 ★中室牧子氏(『「学力」の経済学』著者、教育経済学者)絶賛... 続き

コメント

子育てする上で、心がけたい事がたくさん載っていた。親の教科書として手元に置いておきたい。

読者

6cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218cB34b805e c7d1 4cba aefb 4555edb21904Eba711c7 0bf3 471f 88fc 8473883b197fIcon user placeholder022f1e16 8c71 40d6 a9f3 2362b2a2b1c8F1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113Icon user placeholderF323259c f50a 4e7a b901 7ff05ad808cd 17人

ムーギー・キムの本

最強の働き方;世界中の上司に怒られ、凄すぎる部下・同僚に学んだ77の教訓

最強の働き方;世界中の上司に怒られ、凄すぎる部下・同僚に学んだ77の教訓

Bb8953ff 4ab9 4767 960f 764e3c93527a

mame3

Books

あくまで著者が見た‘超一流’のビジネスマンの働き方、人付き合い、プライベートなどが紹介されています。さらに、ただの一流(でもスペックは十分すごそう)と二流(でもスペックは十分すごそう)を分けるものまで言及。 これを読むと、特別な魔法のような方法なんてなくて、ただただ丁寧に取り組むことが大事なんだなと感じます。「ロゴが1ミリずれている」のに気付くかどうか、直そうと思うかどうか、ギリギリまで最善を尽くそうとするかどうか。それを毎日、謙虚な姿勢でやれるかどうか。 失敗から学んだことって絶対忘れないので、やらかしてもなにか掴み取る気持ちの強さは大事ですね。 著者が出会った多彩な人々のエピソードはショートショートを読んでいるみたいで、これだけ読んでも面白いです。

9か月前

7df2d362 5e46 4da3 ade1 b2370307f91bF7ee7565 4cc3 430b 8737 f4d17d74e19aB8fb75ab ffbb 41ae b841 9db697fe94a0 14
世界中のエリートの働き方を1冊にまとめてみた: グローバルエリートは見た!投資銀行、コンサル、資産運用会社、プライベート・エクイティ、MBAで学んだ15の仕事の極意、そしてプライベートの真実

世界中のエリートの働き方を1冊にまとめてみた: グローバルエリートは見た!投資銀行、コンサル、資産運用会社、プライベート・エクイティ、MBAで学んだ15の仕事の極意、そしてプライベートの真実

5659b7cf 5ad7 48e6 b9c8 daa17abc4f80

mant

来る者を拒まず。去る者を追わず。

世界を舞台に活躍するエリートたちは一体どんなことを考えながら働いているのか。激しい出世競争をどのように生き抜いてきたのか。投資銀行、コンサル、資産運用会社、プライベートエクイティ、MBAという世界中のエリートが集まる舞台を渡り歩いたエリート中のエリートである著者が、その輝かしいキャリアを積む中で気づいた仕事の極意を惜しげなく語る。 この本の面白いのは、なんと言っても筆者のエリートらしからぬ軽快な筆致と、筆者と筆者の友人エリート達のなんとも人間臭い一面を垣間見ることができることにあると思う。エリートといえど、我々と同じ人間なのだ。早起きは辛いし、無能な同僚に日々ため息をつき、人間関係に悩んでいる。中には我々常人には理解できない悩みもあったりと、エリートだから良い人生とは限らないことに安心できるかもしれない。また、エリートの結婚事情など、なかなか他では見られないユニークなテーマも扱っていて単なる読書としても十分楽しめるだろう。

約2年前