61lav3w2gdl

郊外を走る蛍川鉄道の藤乃沢駅。若き鉄道員・夏目壮太の日常は、重大な忘れ物や幽霊の噂などで目まぐるしい。半人前だが冷静沈着な壮太は、個性的な同僚たちと次々に... 続き

コメント

その他のコメント

ある私鉄で起きる、ちょっとした事件(謎)を主人公が解き明かしていく、ほのぼのとしたストーリー。

続きを読むかって言われると…どうかな。

鉄道ものとして読むと中々面白い。

読者

Icon user placeholderA2297ae0 ad64 4239 b959 8ed8417109d1C1328c50 7403 4c06 af9f dccee519f9e4Df76215c 0d5c 423b be24 8c8270ec44353abb8de2 97e5 49ec bc9d c3373516b30f86bbc20f c5ee 4cab 8b11 3bc7cfdf22d2 6人

二宮敦人の本

最後の医者は桜を見上げて君を想う

最後の医者は桜を見上げて君を想う

927c5efd 7a13 46f6 927b 8041cbb07718

プクプク

本がすき

延命治療で最後まで病気と戦うのか 延命治療はやめて静かに最後をむかえるのか 戦う選択を押す医者と 戦わない選択を押す医者と その間にゆれる患者さんのお話 自分はどうかと問われたら 迷うだろうなってことだけはわかる(^^)

4か月前

D4a84528 6a5b 4bd3 acd1 14c67ac5265c4d992493 bad7 4881 9601 875848105df69fb37280 03c5 4882 9d53 8efeb56507b1 55