51qmsmzgvyl

「公園に垂れ下がる色とりどりの鯉のぼりに、一つだけ人間が混じっている。」一行のみで綴られる、奇妙で恐ろしい珠玉の怪談小説集。 続き

コメント

本当に一行だったし。笑
一行だからこそ、不気味だった。
想像力かきたてられます。。。

一行のみから無限に広がる怪異。

読者

E8727533 d28b 4d64 a5f4 724edc2a6f3c59cbeb2b a74b 49f6 ac0d bb8d8e0ffc2666b38508 5a46 4f97 a0fb 87ff00c4b34a6c772498 aab4 4be7 afbe 7e36776d801b6ee54434 4c75 4e11 863f b1c41a663c2cDc01db02 2a02 4303 9158 b5cf10b4d0eaAc667a42 bd40 4b04 a08e cab0eb1c4536Icon user placeholder 10人

吉田悠軌の本

一行怪談(二)

一行怪談(二)

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

怪談を一行で表現するという離れ業に、驚きます。5つルールがあるようですが、句点が一つというのは辛いだろうなぁ。 分かってるのに、何故か何度も読み返したり。「?」想像に集中して「成る程、怖」と思いながら、フト耳を澄ましたりした。

17日前

04ddc4a9 a261 4b42 9b0e 5f0ebbad88caIcon user placeholder6ee54434 4c75 4e11 863f b1c41a663c2c