41w9n%2bshb0l

【文学/日本文学評論随筆その他】南伸坊さんは大病院でがんの疑いをかけられてから、漢方医の丁先生の診察をうけた。患者で生徒の南さんが質問して、丁先生は縦横無... 続き

コメント

いろんな発見があり、とても勉強になった1冊。何事にも背景がありそれを知って物事を行うのと知らないで行うのでは全然変わってくるな、と実感した。

その他のコメント

東洋の医学の価値観が身にしみる本です。クスリと健康に対する考え方を見直すきっかけになります。

読者

20f858c5 316d 44ab 8eff d3f42571a520266a8660 74b6 43af 9168 15d7ef162ebeF0d7c2df cf2d 4138 870b 942314fc8fa20428b805 0227 4490 be82 27528fd3d1b3 4人

暮らし

リハビリ 生きる力を引き出す

リハビリ 生きる力を引き出す

Ed4279ff bc5f 49f2 b4e5 4ce5e26e26ac

どきん

人間科学中心に読んでます

著者は医師として世田谷区で地域リハを実践しつつ、日本脳損傷者ケアリング・コミュニティ学会の理事長としても活動されている。この新書ではリハビリの定義を押さえたあと、リハビリの対象者が持つ疾患・障害についての概論を述べたうえで、豊富な事例が綴られていく。障害者が支援を受ける側に固定され続けるのは望ましくない。リハビリは障害者が主体性を再獲得し社会参加することを目的とする。それには時間の経過が必要であるとともに、支援者も本人の心理・価値観の継時的変化に応じ、関わり方を徐々に変えていかなければならない。

2日前