41zrmxawe9l

自分の思考が文字となって紙の上に形をなす。頭の中にうかんだ小説のアイディアをメモするための万年筆、自分の思考をもっとも良く引き出してくれるインクの色、そし... 続き

コメント

一冊まるごと万年筆と紙について書かれた本。万年筆を持った時の感覚、横文字と日本語を書くときの違い、等、万年筆を日頃使っている方が読むと「そうそう!」となるのだろうと思います。万年筆を持ったことすらない私には意味のわからない箇所も多かったですが、セーラー万年筆のハイエースにちょっと興味がわきました。片岡義男さんの文房具についての文章は、いつも楽しそうだなあ。

その他のコメント

万年筆とインクと紙の深淵を垣間見る。文房具エッセイ

読者

B1e77ac3 9774 4347 833b 973dcb63ec50D72b8f95 27f1 4dc4 98a5 05515e933b7142ea5ba0 b14e 4e59 8eb3 715b5132d8720959a163 82d6 40fb 98be e921686f5b34F766c7b9 58dd 47a5 8305 6464986b58d830ddfee8 fb46 4d8a 96b5 f91715e54c0019ef990e 8142 47e3 b2af cba2920c8c2a955901a5 0d50 4efe 8c40 bec01a5d4334 15人

片岡義男の本

珈琲が呼ぶ

珈琲が呼ぶ

F766c7b9 58dd 47a5 8305 6464986b58d8

Shun

普段は帰宅後に、休みの日は散歩し…

コーヒーについて片岡義男が書いた文章はほとんどないのだという。これまで読んできた彼の文章にはほぼ全てコーヒーが登場した気がするが、確かに正面からコーヒーについて扱った文章はなかった、、、のかなあ。本書は随筆集。コーヒーそのものについての文もあれば、いつものようにコーヒーから連想される映画・曲などについての文や、あちこちの喫茶店についての随想もあり。1939年に発表された『一杯のコーヒーから』に服部良一と藤浦洸が込めた意図に思いをはせる『小鳥さえずる春も来る』、こういうレンズの向け方が片岡義男は実にうまい。

3か月前

151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc2410023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7c
〆切本2

〆切本2

C779f4d6 6d86 4cd1 807e 98e65ce8e488

tvdinner78

趣味はドリアン。

まさかの第2弾! 表紙・見返しに掲載されてるパンチラインは健在。

12か月前

5dea9ea7 3b46 460b b509 8ca9f558f7d2Icon user placeholder014253d4 6080 4951 9119 24735184a696 9
猫なんて!

猫なんて!

978030b8 5d27 45ce a8ec ef18a8f163c2

山奥

花屋 植物担当 から転職 書店員…

総勢47名の作家による猫話 猫との距離感、間合いがそれぞれでおもしろい 犬派ですが、猫もいいなあ… なんて笑

約2年前

E4f21041 cc6c 4268 b713 5baf3e868f4475657d05 f8af 4ca9 b80b d54f664b8b0147227c53 989e 4989 b044 f7d7c4e9f422
ずるずる、ラーメン

ずるずる、ラーメン

883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e04093

まこと

二児の父親

ラーメンに関する随筆集。 以前読んだ「ずっしり、あんこ」に比べ、感動的な話もなく、どうでも良いような内容ばかりだけど、楽しく読める。 読んだ後の頭の中は完全にラーメン。早くラーメンを食べたい!

2年前

B269b024 95e3 439f a195 51e50f65d85fAac560d0 7532 40fc a3f8 21dc0a7642691de89c3f 8172 4db4 a4d1 df85a332742f