9784152098559

三大陸の三人の女性。かけ離れた境遇に生きる彼女たちに共通するのは、女性が押しつけられる困難と差別に立ち向かっていること。ある者は娘の教育のため、ある者は仲... 続き

コメント

人間の運命に影響を与える要因の中でも「どこの国に生まれたか」というのはかなり決定的なものだと思う。
本書では、3つの国に生まれたそれぞれの女性の苦悩と境遇との闘いが描かれている。
不可触民として他人の糞尿を処理しながら差別とともに生きるインドのスミタ。
伝統的な父権的社会で生まれ育ち、思いもかけない父の事故によって家業の存続の危機に直面するイタリアのジュリア。
競争社会を勝ち抜き誰もが羨む地位を得ながら、突然の病に襲われ、仕事を失い孤立するカナダのサラ。
彼女たちはそれぞれ生まれた国に固有の伝統や慣習、そして女性差別によって一見無謀で無益とも思える闘いを強いられる。

先人たちが、文字通り命をかけて少しずつこじ開けてきた風穴。
彼女たちの勇気が、闘いが、さらに壁を穿ちその穴を広げる。
そしてそこを目指して人は後に続く。
闘いは至る所で行われ、誰もが孤独なようで、でも決して一人ではない。

異なる境遇にいる3つの国の3人の女性の話。それぞれの人生を通して、女性や、様々なマイノリティが社会でどのような生きづらさを感じながら生きているのかを物語る。後進国、先進国に関わらず女性は様々な形態で差別を受けていることが分かる

読者

0b0fe38f 579a 4952 bd4f 5d5737d9c1aeF0b75bb5 b2a5 4a87 abaa 882a018db8a8A01542c4 9efb 434f 8a1d a0fc7d11c151529b06b3 7eee 4093 9ce1 3b6c013fe60bIcon user placeholder811e04a3 1711 4924 b153 7e5e8d9b01fdIcon user placeholderA1f84e46 dabe 4a32 935e 9409d85909be 18人

文芸

書店主フィクリーのものがたり

書店主フィクリーのものがたり

64e50687 d69c 4a16 9e02 a2dc2e49048a

HSSISOLATED

人生で何度目かの読書熱

素敵な物語。 古き良き「北米文学」 紙の本で、しかも文芸作品を読むという行為が既にノスタルジックになりつつある中でこの物語は古き良き北米(アメリカとは言ってない)文学体験を思い出させてくれる。 ポール・オースター、カポーティ、メルヴィル、フォークナー、ヘミングウェイ、ルーシー・モンゴメリ・・ 本を読むのが大好きだったし、書店が好きだったし、古本屋も好きだった。 しかしいつからか読書から遠ざかり、お気に入りの書店は縮小され、或いは閉店し、気付けば電子書籍リーダーやらスマホやらで活字中毒の禁断症状を癒した事もあった。 『いまやチェーンの大型書店もいたるところで姿を消しつつある。彼の見方では、チェーンの大型書店のある世界よりもっと悪いのは、チェーンの大型書店がまったくない世界だ。』(p.287) この物語は孤独、ひとりぼっちだった主人公たちが読書を通じて、書店を通じて、繋がりを得てゆく物語である。 このプロセスはまるでモンゴメリの『赤毛のアン』よりもむしろ『可愛いエミリー』を読んだ時の体験に似ていたかもしれない。 しかし、やがてAmazonや「電子書籍リーダー」の登場と加齢が迫ってくる。 現代は、活字を、言葉を失いつつあるのだろうか。 むしろ、我々はもう既に十分過ぎるほど言葉を失い、文芸を読むという行為を失い、豊かな感情体験をする機会を失い、共感する心もなくなりかけているのだろうか。 読書は元来孤独な行為だったが、読書をする人はより一層孤独になってゆくのではないか。 このようにも感じる事もある。 そこで、『ぼくたちはひとりぼっちではないことを知るために読むんだ。ぼくたちはひとりぼっちだから読むんだ。ぼくたちは読む、そしてぼくたちはひとりぼっちではない。』(p.327)というフィクリーの言葉が刺さる。 そして、各表題代わりの短編の名前とフィクリーの名で書かれた読書リストが、最後の最後に活きてくる。 この素晴らしくノスタルジックで素敵な物語体験は本が好きでよかった、としみじみと感じさせてくれる。 古き良き北米文学だった。

約15時間前

8eaa37d7 5e67 4405 b8e1 1cc2c1ff5af8F7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cacIcon user placeholder 10
おやすみ、東京

おやすみ、東京

53e40bc2 f249 43d8 88dd 0d4b900b2a8a

岸本ミリ

好きなものは桃とクリームソーダで…

夜に出歩くと、少し不思議で楽しい、そんな縁に恵まれる気がする。あんなにたくさんの人が住んでいる東京で、偶然にもまた会う人がいて、そこから仲良くなったり。なにもかもばらばらに見えて実はほんの一筋違う道を歩いていただけ、みたいなことがたくさん起こるこの世界で、この本の中の夜の住人たちの世界に少しおじゃまさせてもらいたくなった。

約18時間前

773b51f8 9cc5 406c a018 606c38903978091f030b 9ca5 4406 ac1d e97b05d966f18d83113b 986e 4381 bb7d 442f9e993af1
ニックス

ニックス

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

Toru Omae

欧米ミステリを中心に読んでいます…

話題になった短編小説を一作出した後は鳴かず飛ばずで今は大学で文学を教えている主人公のもとに、幼い頃に出奔して行方知れずとなっていた母親が大統領候補に石で襲いかかったという知らせが入って…というあらすじを見た瞬間に読みたくなったので手に取ってみた。母親のことには一切触れたくなかった売れない作家だが出版社から受け取ったアドバンスの返還を求める訴訟を起こすと脅されたので渋々、母親と接触し犯行に至る経緯をさがることになったのだが、という話。ベトナム戦争からイラク戦争、トランプの出現までを盛り込んでなおかつ地理的にはシカゴ、ニューヨークからノルウェーまで。いろいろ盛り込んだ結果700ページ超の大部になってしまっているけど破綻することなく実に読ませる。読み応えがあって面白かった。アメリカ文学が好きな人にはおすすめできます。

1日前

92643204 bbac 41ec ad79 ff732e0f1b81Icon user placeholder