41ifql37ywl

発行元から

日本人をも魅了し続ける、三国志。しかし、『三国志演義』や、それを下敷きにした小説・ゲームの世界は「虚構」に満ちている。また、「正史」と呼ばれる歴史書の『三国志』も書き手の偏向がつきまとう。本書は、一般に親しまれている『演義』を入り口に、「正史」の記述を検討。そして、史実の世界へと誘う。暴君董卓の意外な美点、曹操が文学に託したもの、劉備と諸葛亮の葛藤-あなたの知らない三国志がここにある。

目次

第1章 演義と正史-それぞれの限界
第2章 二袁の真実-「漢」の重みと簒奪
第3章 「奸絶」曹操-変革者の実像
第4章 悲劇の国、孫呉-道化とされた男たち
第5章 「義絶」関羽-神となった英雄
第6章 「智絶」諸葛亮-劉備とのせめぎあい
第7章 分かれれば必ず合す-三国志の終焉

文学

攻殻機動隊小説アンソロジー

攻殻機動隊小説アンソロジー

19044d62 6fd6 4172 b936 f96acc1a498a

九重篠

腐っている成人済みオタク

プロの作家さんたちによる、攻殻の公式アンソロ。 それぞれ作家さんたちごとにフォントが違うのが凝っていて面白いけど、少し目が慣れるのに時間がかかった。 朝霧カフカ版は、まだ草薙と会っていない、笑い男事件後のアオイと元軍人でまだ日本にいたクゼヒデオが会っていたりなど、嬉しい共演だった。 神山版だけではなく、「人形遣い」を知っている原作ないし押井版の草薙素子も出てきて、面白かった。 バトーとトグサ(特にバトー)の出番も多かった。

1日前

Eb552d48 dd94 4640 ab00 366b6d191d66De232267 052d 400b bc60 0ac4afae644c