41gqqyerdtl

8歳年下の彼氏と暮らす充留は、ある日、大学時代からの友人夫婦の「離婚式」に招かれる。昔の仲間が集まるそのパーティで、充留は好きだった男と再会するが、彼は人... 続き

コメント

自分の学生時代にはそういうのがなかったからと言われればそれまでかもしれないが、大学時代から15年もたって、それぞれの生活もあるはずなのに、未だに会ってガブ飲みして、学生ノリそのままに非生産的な話をしてる登場人物たちに、誰一人として共感できなかった。

その他のコメント

学生時代の仲間と、歳をとっても交流を続けている人はいると思うが、私はこの、仲良しこよし感は、合わないと思った。

大人には色んな事情がある、人に言えない過去といま、あるかもしれない未来

読者

Icon user placeholder1f7b34d9 4fd3 472b afbb 2e9e411dc2fa2c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6f151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241Picture3a12060b 4cd8 48ec 9733 fdbcc60eb8aa1167ff52 1883 453a b364 cae2b2a4a5f8Feead139 1717 40ab 982e cdf562210300 9人

角田光代の本

学校の青空

学校の青空

53e40bc2 f249 43d8 88dd 0d4b900b2a8a

岸本ミリ

好きなものは桃とクリームソーダで…

もっと今よりもっと若い頃、高校生とか10代の頃、命が軽かった気がする。でもそれは悪気があるわけじゃなくて無知ともまた違って、エネルギーばかり有り余ってそのままいつでも死んでしまえそうな感覚の中で生きているから仕方がなくて。そんなどうしようもない狭い世界の中で必死に生きる少女たちのお話。

4か月前

Icon user placeholderIcon user placeholder24a40ddd fe3b 4a69 84ad 011f9f2c283c 41