51mdytc5ihl

物語は紀元前45年の手紙に始まる。この時カエサル(前100-前44)はガリア征服戦争を完了の後ルビコン川を渡ってイタリアに侵入、ひきつづく内乱を制し、あら... 続き

コメント

ちゃんと作者を見ずに不覚にも歴史書だと思って手にとってしまったのだが…ピュリッツァーを二度受賞している偉大な作家が描いたカエサルの晩年が面白くないわけがない。全て書簡で構成されており独裁者とそれに関わる人達の心理というか動きが手紙の形で次々に展開される。ガリアを征服したことで力を持ちすぎたと元老院に警戒されたカエサルは無位無官になって帰国しろ、と命じられる。待っているの死という状況で当時ローマ人にとってタブーだったルビコン川を渡ってローマに逆に攻め込み内乱を制覇、事実上、唯一の指導者となっている。その状況の中で暗殺されるまでの8カ月について架空の人物を交えて書簡の形式でカエサル本人、関係者、政敵などの心の動きが見事に描かれている。登場人物は一部を除き実在の、書簡については殆ど作者の創作、という形式だがさもありなん、と思わせる作者の技量が見事。面白かった。

読者

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

文芸

好き好き大好き超愛してる。

好き好き大好き超愛してる。

359f49d4 c3a3 4dbf 8349 d1a93fcfac74

暇人

本の感想を書く場を求めて

表題作と「ドリルホール・イン・マイ・ブレイン」という作品の二本立て。どちらも非常に奇妙な作品。 表題作は、「何人もの作者が書いたごく短い小説の連続」といった体で構成される劇中劇メインの話。 劇中劇なんだけど、現実の出来事や生活を基に小説は書かれるので、連なった物語たちはどことなく似た主題がある。それが何かは読んでみてほしい。なかなか好きな話。 しかしもう片方はすごい。すごくひどい。詳しくは書かないけど、ニッチは特殊性癖で気持ちよくなってる男子中学生の描写が多いのでそれだけでかなり読みにくい。深遠なテーマがあるのかもしれないけど分かるまで読みたくない。 総じて、奇抜な作者です。

約19時間前

対岸の彼女

対岸の彼女

7906208f ba3b 43a8 a3cc 8a5d38c2c66f

dhu,

自己完結メモ用アカウント

角田光代はとにかく日常の人の心の機微を描くのが上手だと思う。 高校のクラスの雰囲気、はみ出し者にならないよう人の顔色を伺い続ける心理、周りに何を言われるのも「怖くない」ナナコ、それを理解できない当時の葵、今の葵と小夜子。 公園デビューに躓く事と同年代の女性が身につけるブラウスの相場を知らないことと働いていないこと、全てが繋がっているのではないか、と錯覚してしまう心理状態とか、働き始めて変わっていく小夜子と家庭の様子とか、人のちょっとした認識のずれやその時の精神状態が物語に自然に織り込まれているのが生々しくて、少し怖さすら感じる。 葵がナナコに惹かれたのも、小夜子が葵に惹かれたのも、全部必然だと感じる。 中高の雁字搦めな人間関係に翻弄されていた当時の自分が読んでいたら、なにか気づくことがあっただろうか。 それとも高校時代の葵と同じく、ナナコは強がっているだけだとしか思えなかっただろうか。 あんなに親しかった葵とナナコはもう連絡を取り合うことがない。仲が深まっていた小夜子と葵もほんの些細なきっかけで決裂してしまう。 しかし、小夜子は再び葵のもとを訪れ、散らかった葵の部屋を「1日で片付ける」 また二人で新しく関係を深めていく。 人に必要以上に深入りしないという暗黙のマナーが浸透しつつある現代人にとって、小夜子と葵の関係の変遷の中に、他人との繋がり方、関係の深め方に関するヒントがあるのではないかと思った。

1日前

F418b61f 70ad 4abf a1fc a3172452e03733d1a7c3 2893 4250 97a7 7eccb3786902Icon user placeholder 30
名も無き世界のエンドロール (集英社文庫)

名も無き世界のエンドロール (集英社文庫)

28e2f3bf e57d 401c a942 056bf1e01c6a

now〆

ぷろふぃーる未公開。

復讐に駆られる男の話。ラストには本編とは別に描かれた文章があり、これが良い味を出しています。読んでて泣けました。ストーリーも読みやすいので、是非お手にとって下さい。

1日前

Icon user placeholderB989a57d 3ed1 457b b76a 3f1cc1b8f4666d261940 d173 40d2 8d77 8ef0516a1422
ミッテランの帽子

ミッテランの帽子

Icon user placeholder

NanaÉ

本を読む時間がもう少し欲しいマー…

次は私が帽子を見つけたい。大人のための幸福な物語と帯に謳われていたとおりちょっとHappyになりました。 80年代のフランスの息遣いが聞こえてきそう。

1日前

Daf6073a 6c66 4126 bc03 676433aab319Ee494f5e 3fb2 4a42 a84d 019463e66a09