51s8qkegljl

三軒茶屋のプラネタリウム(兼バー)。店主・和真の下に弟が、娘の月子と共に帰ってくる。親子3人の奇妙な共同生活が開始。 続き

コメント

5/25

読み進めるのが楽しかった
作者は星座が大好きなんだと思った

その他のコメント

読者

Icon user placeholderC7282453 1e6d 4251 89af 86d8ceb038c27f76905f f415 42ee ab39 b50ed5844db724e7a79a d060 49d6 9725 1a5cffba7cbc38aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a21E6105008 1e71 42ac 9b5d 7a8c9798543cEe494f5e 3fb2 4a42 a84d 019463e66a09F1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113 13人

柴崎竜人の本

三軒茶屋星座館

三軒茶屋星座館

724aea1b e681 4bef 9e74 799e2627656a

Asato Chida

本数はまだまだ少ないですがよろし…

愛には色々な形があるように家族にも色々な形がある。 嬉しいこと泣きたいことがあったときは三軒茶屋星座館に行きたい!

約3年前

02ec299e adf4 4a1e a392 b66b2f610644Aa6356d5 940f 4432 8ab8 208b758f3b049dd436c4 5eb2 4b25 8d98 37bdea7e1e4c