41wzevkthgl

コメント

学習・労働から逃避する人々とその原因に対する考察。
そうした人々は、いずれも等価交換という市場原理に基づくという点(本来学習や労働は等価交換が成立しないのに)、また労働や学習の意味が見出せないために、学ばない、働かない道を選んでいる点で共通している・・・というような内容だったか。
自ら下流に身を投じていく子供達、若者達を社会と結びつけて捉えていく論理には非常に納得。読んでいて、本当に参考になった。
以下、自分が読んでいて特になるほどなと思った内容。

「学びとは、学ぶ前には知られていなかった度量衡によって、学びの意味や意義が事後的に考量される」(子供達が学習の価値を見出せないのは当然で、学習の価値は多くは学んだ後に分かるものだということ)

努力が身を結ぶか分からないリスク社会において、最もリスクを被るのは、学習による努力を否定する人々である、という逆説。

その他のコメント

教育関係の業界にいるものとして、この本を読んだ時のインパクトはとんでもないものでした。
世の中の常識が裏返ったといえば言い過ぎかな。
でも、目からウロコだし、今の世の中の危うさを激しく切実に感じさせる一冊でした。
毀誉褒貶の激しい内田さんの本ですが、この本に関してはぼくは強くオススメいたします。

やっと読んだ。
地元の田舎の中学では、成績が優秀であることが、バカにされたり、けなされたりするところがあって、そんな環境に居心地の悪さを感じて逃げたのです。
今では、30代、40代でもそういう志向の大人がいて残念に思うことがある。仕事してても、目の前のお金のことしか考えないなという人を見ると、「この勉強は何の役に立つんですか?」っていう子供と一緒にみえる。
経済合理性思考からくる即時的な結果の要求だけで、世の中を回そうとすることの恐ろしさよ。私たちはどこに向かって生きていくのか、根本から考えることを怠ってはいけない。

読者

05835935 28ca 410c b948 7e20fc1a1077883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e04093F62a482c 28ff 49eb 8937 36fd60cec397Df294017 d183 436e 8e14 12aa00edcccbF766c7b9 58dd 47a5 8305 6464986b58d86662bb11 53a1 4949 bd28 80ad8193b04e0f7503ec f720 4b67 8326 7397152d217c583aa2f4 bbfc 4e9d b370 6b34ee362f79 8人

内田樹の本

414byftnuhl
Ce6676dd 05fe 4fe1 bd60 44f7b05f9af3

末次

小平市の学生

10頁くらい読んでほっといたの忘れてたから読んだ。いつもの語りかける文章なので、人生経験豊富なおじさんに飲み会でありがたい話を聞かされてる感覚がある(僕はそういうの嫌いではない。おじいちゃん子だから)。 なるほど〜〜と膝をうつような言説もいくつかあるのだけど、この本を鵜呑みにして女子会・男子会で老獪なアンサーを決められても、ぼくはそいつのこと好かないかもな!って思いました。特に離婚の話とかでは。

23日前

51i9difqawl
F6dfa475 f015 477a a2a7 177e44d57124

nishitanabe1987

ほんがすき

驚かされないための最も有効な方法はこまめに驚くことなのである。驚かされるのは受動的なふるまいだが、驚くは能動的なふるまいだからである。6

3か月前

41pb632j4rl
E68539b9 8045 49ce 8030 1bd4fe68d0b1

フライ

濃厚

名前につられて読んだのですが、なんと説明していいのかわからない小説です。でも暗い感じではなく、どちらかといえばハイな小説なんだと思います。

3か月前

68b919a1 d2ed 42bb b7ba e260c78827e211d11e89 91d1 484f 8eab dd1c2b5cd1e0Fab08fed 8d96 4d84 a603 9102362de160
51xsgtfcxzl
5ee131da 086a 4caf a85d 98dea591fa30

ペロリーヌ

徒歩郵便配達員。

初めて著者の本を読んで面白い。しわかりやすい。今の気分がよく出てると思った

4か月前

5efbc12e e565 4bbf ad47 52662f6c5b5f75e54cd0 91fc 4138 bea3 918e00dcec03