51z 1ik9jil

第1章 不動産仲介業者の恐ろしい実態 第2章 不動産トラブルは、なぜ起きるのか? 第3章 不動産売買で騙されないために 第4章 あなたの不動産を高く売る方...
続き

コメント

多くの人間にとって家の売買は人生に一度あるかないか。経験も知識もなく、百戦錬磨の不動産業者とマトモに渡り合うのは不可能に近い。失敗しても、次にその経験を生かすチャンスは無いんだよね。

なんとなく選んでしまいがちな「専任媒介契約」。この契約のリスクを知るには良い本かと。

類書を何冊も読んたけど、これがいちばん色々書いてあって参考になってる。不動産業者側の手口が分かっているだけで、ずいぶん心の余裕が変わってくるもの。

書いてある事、言っていることの真偽を疑うことはできても、あえて書かないこと、言わないことに疑いの目を向けることの大切さは、なかなか気付かない。

最低限の知識は持った上で、充分な時間かけて売買に臨む。コレが結局は一番大事かな。

読者

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ビジネス

ゆるいつながり 協調性ではなく、共感性でつながる時代

ゆるいつながり 協調性ではなく、共感性でつながる時代

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

SNSの発展により「つながり」とその維持は極めて容易になった。「昭和的強制」の時代は終わり、これからは「ゆるいつながり」が大切になってくる。 そのためには自分を高めること、価値を提供できる自分であり続けることか必要。 佐々木俊尚の「広く弱くつながって生きる」に書かれていることとかなり近い。どちらも2018年3月刊行と同じ時期に出ているのはなんとも興味深い。 実際、仕事に活かせる具体性としては、佐々木俊尚の著作に軍配が上がるが、SNSダメ事例集の豊富さでは、本書もなかなか面白い。

約13時間前

D418947f 7a7a 4e55 8279 91805e9cda40Bb8953ff 4ab9 4767 960f 764e3c93527a
桁外れの結果を出す人は、人が見ていないところで何をしているのか

桁外れの結果を出す人は、人が見ていないところで何をしているのか

Deb28d02 e0c3 4061 95ec 1b18a196d40a

たつてん!

よろしくお願いします^_^

20181209 この本を一言で言うと、 「デキる人は見えない所で桁外れに準備している」 ということ。 何をしているか? ①資料や本を全て読む ②会う人や会社を事前に徹底的に調べる ③不安を消すため「準備」と「トレーニング」を圧倒的にする なぜ? ①全体像を掴むこと、専門家とも対等に話すため ②情報が多いと不安が少なくなる 自分は仕事がデキる人は、天性のものかと決めつけていましたが、人が見ていない所で桁外れに準備をしているのだとわかりました。 逆に言うと、自分も圧倒的に見えない所で準備(資料や本を読む)すれば良いんだと思い、行動に移しています。

6日前

Cebf7d4d 081a 4ddb 9116 149b2716bfc62702abd2 7390 448c 97f0 e3349a72d5414f77893f a60d 452c b73a 6913489f0fc5