510uyxnfzrl

コメント

Kindle専用本。最近こういうちょっとした豆知識をチャチャッとまとめて電子書籍化する例が多いよね。Kindle Unlimitedなら、まあ良いかという感じ。30分程度すぐ読めるのは手軽で良いかと。

どんな本でも書き手のバックグラウンドの思想や経済的な意図、書かれる書籍には反映されがちだけど、投資や不動産の世界だと更にそれが顕著になる印象がある。

本書に関して言えば「不動産売るなら仲介よりも買取だよ」派。作者のプロフィール見てみたら、思いっきりそちらの部署の人で、宣伝用の本なんだね、これ。

仲介の場合は不動産屋は、売る人と買う人を仲介するだけだけど、買取の場合は業者自らが買い取って売り手を探す。

すぐ売れるメリットはあるものの、業者側が売れない場合のリスクも持つので大幅に買い叩かれる場合も多い。どちらが良いとは一概には言えないけど、仲介であれば、相場に近い価格帯で売れる可能性もあるわけで、ケースバイケース。
悩ましいけど、よく考えて判断しないとね。

読者

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

新刊

新章 神様のカルテ

新章 神様のカルテ

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

大学病院編。四年振りの新作というのに、読み始めたら登場人物達が脳みその奥から湧いて出てきました。 静かで遠回しな苦言とジョークをそこはかとなく吐く栗原先生に拍手喝采ですが、当の栗原先生は、そんなことしかできない力不足を嘆いている。 「真面目というのは真剣勝負」漱石好きも相変わらずです。文学的な台詞回しも素敵です。

約1時間前

作りかけの明日

作りかけの明日

5a18ee37 88c4 4116 b20f 1a2e9ceed0f7

のぶコ

吉本ばななさん大好き

三崎亜記さんの本が好きでほとんど読んでいます。「作りかけの明日」を読んで、また全て読み直したくなりましまた。

約12時間前