41ld0j7xcel

コメント

快活な海軍の若者武男と陸軍中将の娘浪子は幸せな新婚生活を送っていたが、浪子は結核にかかってしまう。それを知った千々石が二人の仲を引き裂くべく画策する。明治を代表する悲恋小説。
文語体で慣れるまでやや読みにくかったが、100年以上前に書かれたとは思えないほど話に入り込むことができた。やはり純愛、悲恋といったテーマは現代にも通じる。

読者

Dc7a65b6 97a3 4c2e 9d67 20198ce32f0d883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e04093

文学

総特集 森見登美彦

総特集 森見登美彦

Dd941b90 88b9 425c 9cca f8c6c38d532f

しつちょー。@書店員

かけだし書店員

『熱帯』を読み終わった時確信した。 これはモリミーの集大成だと。全部入りだと。 そして時を同じくして15年を振り返るこの本が出た。 あまりの充実さ、内容の濃さに カルピスの原液かと思った。 ロングインタビュー、全著作解説エッセイ、 単行本未収録小説などなど。 何より最高だったのが盟友明石氏との対談。 夢かよ!と。リアル『太陽の塔』じゃねぇか!と。 『熱帯』は「読み終わるのか?」と思ったが、 この本は「読み終わりたくない!」と心底思った。 ともあれこれより森見登美彦は、 フェーズ2に移行する!

約18時間前

姉飼

姉飼

3c58a9a2 b3d1 433a a11b ea0da0b53f50

でこい。

OBK(お化け)物が好き。

ホラー大賞受賞作、うーん( ̄д ̄;) 気持ち悪さは凄い。犯罪の匂いがするイカレ作品

約21時間前