41ukq2xek8l

過干渉、生活のすべてを指図する、言うことがコロコロ変わる、完璧でないと許さない、子供を傷つけて楽しむ…。子供を「不幸にする親」は、親が喜び、親を守り、親の... 続き

コメント

もう十年よりもっと前、『毒になる親』をまだ単行本の時代に読むほど切実な課題で、でも当時は「対決とかムリですからー!」と少し苦い読後でした。課題は未だ解決せず。作者の違う「続編」は良い本でした。とにかく力づけてくれる。ほとんどの人にわかってもらえない、「あなたは苦しんだ」と繰り返し言ってくれる。それを人に言ってもらう必要があるのです、わたしたちは。許さなくていい、対決も自分次第。『毒になる親』を読んだ時より、自分が少し進んでいることもわかった

読者

99f3c4e0 ddcb 4f7e 8a33 32c8e52927c5B46867b6 d26f 44c3 9ff4 ea2fe9ea61359e4de3a2 b1f7 43e4 99e7 8d94cc7ba1825e7cb2e1 4d42 432f 9224 b273b722fe83979e3066 09a9 4e1b 861e 7e6d745183ec 5人

新刊

機捜235

機捜235

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

定年間近の相棒、縞長さんが事件を解決に導いていく。 刑事として人間として、事件との向き合い方を教えてくれる素晴らしい人物だ。事件が9編 高丸と縞長のコンビがこれからも楽しみだ。

約23時間前