51o1uvo5tal

発行元から

著名なミステリー作家、成宮彰一郎の妻、瑠璃子が行方不明となった。事件性が高いと見た三鷹警察署の新米刑事ノボルは、先輩刑事の佐藤とともに、捜査を開始。次々に容疑者候補が浮かぶが、その過程で警視庁本部の組対四課や捜査一課も事件に関与してくる。
「どうせなら死んじゃっててくんないかなぁ……」
不愉快な言動を繰り返す夫・成宮の真意は――。
完全犯罪を「完全」に描いた、前代未聞の傑作ミステリー。

木内一裕の本

藁の楯

藁の楯

9b94dc27 05e4 4460 ab4c 5cce8ad9f065

N

伊坂幸太郎読んでます! 色々視野…

この本は映画を観ていて 読もうと思いました。 護る価値の全くない人間を 日本中の人間が命を狙う中 それでも自分の信念を貫いて 護り抜く主人公が格好いい。 自分が同じ立場なら絶対 護るなんて出来ないです…。

4年前

3ef80c12 d699 4f71 936c 83e0da095c3aD4f645e4 009c 4f5c 8e85 b59f721be82a3c3545be ef22 45e6 8e4b 1f3c15b85839 9