51lwlyu1myl

山奥の製薬研究所で謎の爆発事故が発生。泉夏樹は一命をとりとめるも全ての記憶を失っていた。研究所の同僚・黒崎ら生き残った仲間と脱出を試みる夏樹だが、その眼前... 続き

コメント

瓦礫の中で目覚めた主人公は、記憶喪失になっている自分に気付く。
徐々に記憶が戻る中で、自分が行ってきた研究内容が、明らかになっていく。
不老不死を追い求めて繰り広げられるストーリーは、最後に、意外な結末を迎える。

悲しい過去を引きづりながら、強い意志を持った主人公の姿に、切なさを感じます。

途中、少し、展開に強引さを感じますが、それを補うに十分の内容です。

良いですよ。

瓦礫の山とかした研究所、訳も分からないまま押し寄せる狂気。身体的な病としての不死病と、不死を求める精神的な病。グロいところややり切れないところもありますが、個人的に最後のシーンの描写が綺麗に思えて仕方がないです。

読者

675f6c8f 90bf 4d72 b8a5 5933c8ca84aa07481935 d34a 4f94 8c18 6247d9892169Cc990b10 a534 4f5b 90c7 498a921bf03bAe70d785 ede9 49e0 bc2a 1cfd9b86b3940a128ea1 0805 4b57 ae18 07a391683dd1 5人

周木律の本

教会堂の殺人 ~Game Theory~

教会堂の殺人 ~Game Theory~

28bebfeb 0345 42a3 bd34 c659b284ef31

サイカワモエ

本と本棚好き。

堂シリーズ5作目。この展開は好みではないけど、痺れる感じですね。あと2作で完結のようで、クライマックス感が漂っています。十和田はどうなるのでしょうか。。。

6日前

暴走

暴走

1b1e7643 9ead 4435 8cd3 d4a66eba70d8

オサム

平成世代です。

まるで、ドラマか映画を見ているかのような、臨場感あるお話でした。まさか、一体の遺体が残したメッセージに、あれだけの意味が隠されていようとは・・・。作者の誘導によって途中までミスリードされましたが、終盤になってやっと真犯人が判明し、その意外性に驚きを隠せません。島浦・石倉といった熱血タイプの主人公を中心に話は進みますが、物語には狡猾な塙本部長に感情の読み取れない柊管理官といった個性的なキャラクターも出てきます。事件自体はもちろんそうですが、これら登場人物の言動にハラハラドキドキするばかりです。 非常に読みやすく、二部もあるのでは?と思わせるような終わり方でした。

5か月前

3c362e5a 4290 4a58 ae45 04f6eed71eb2D1cd8f9e 706f 4f28 9e0d 97137f8f558c
伽藍堂の殺人 ~Banach-Tarski Paradox~

伽藍堂の殺人 ~Banach-Tarski Paradox~

28bebfeb 0345 42a3 bd34 c659b284ef31

サイカワモエ

本と本棚好き。

堂シリーズの4作目。あとがきにて、全7作と発表されました。シリーズも中盤に差し掛かり、まさかの展開です。まさに起承転結の転です!賛否両論ありそうな転ですが、どんでん返しもあるかもしれないので、あと3作を見届けようと思います!

約1年前

B605ce13 5449 414b 9e26 419cc8fff1e7C0419d0f 39a6 49ce aaa9 74a150714019