51vvb2lqfcl

太平洋戦争の末期に実施された”特別攻撃隊”。戦死を前提とする攻撃によって、若者たちが命を落としていった。 だが、陸軍第一回の特攻から計9回の出撃をし、9回... 続き

コメント

☆2つ
各所のレビューで高評価だったので、期待して読んだのですが。個人的には感動も感心もなく、「ふ〜ん」で終わってしまいました。なんでだろうな、自分でもよくわからない。

「その姿を目撃した福島大尉は激しい怒りにとらわれた。よりによって、岩本を。航法の天才と言われた、最も優秀な操縦者を。体当たり攻撃を否定するために骨身を削って跳飛爆撃の鬼となっていた岩本を。」(36ページより)

読者

6603f993 76fc 4a32 b727 770c596558d1F0314fe3 4444 4313 9212 c760560da60457502aec 51d1 4445 930d 2d531c42e058Icon user placeholder79887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a76cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218c73b7c412 75fe 4c36 9208 65c9aa5d27ba2a469ac9 ff08 47ac a498 1004c27e8f96 13人

鴻上尚史の本

天使は瞳を閉じて

天使は瞳を閉じて

89d760ae 84b4 405a 9ed8 930ade8e3136

ロバ

よろしくお願いします( ´ ▽

演劇の可能性が底知れないものだと思い知らされた鴻上尚史の代表作 第三舞台

3年前