510ckfyyb5l

パリ。プールサイドに寝そべっていた「私=作者」は、見知らぬ女性の、軽やかにひるがえる手の仕草を見て、異様なほど感動し、彼女をアニェスと名づけた…。こうして... 続き

コメント

ゲーテもヘミングウェイもナポレオンも時代におかまいなく登場する。素晴らしく歴史の一部になった不滅の人たち。

創造主のコンピュータ。愛、仕草。 顔から始まり祝宴で終わる7部まで今までに読んだこのない面白さがあった。

キッチュに変えられて残されていく自分の人生。自分の実人生がもし美的な嘘で飾り立てられても、死人に口はない。

存在と忘却の乗り換え駅であるキッチュのl'immoetalité は、確かに恐ろしいかもしれない。

読者

799da31c fdb2 4d40 899c 2e4dabea94ef7e709330 4586 4446 bc44 b796485cb87e72f605aa 3795 433e b9f7 23c398e6dd7bE3429d5e 1734 460e 8d95 f9e374d2854a565d2efa 2b82 4030 be73 2daa4768a5f2E5cc0169 6616 4783 aa92 f5c1da5d3a1c 6人

ミラン・クンデラの本

冗談

冗談

C64ee4ab c710 4fea a859 9a826a78947b

Eiji Kobayashi

こヴィ。編集者・ライター

高校のときクンデラに出会って、初めて世界文学を知った。著者が自ら改稿したフランス語決定版からの新訳。

3年前

799da31c fdb2 4d40 899c 2e4dabea94ef7e709330 4586 4446 bc44 b796485cb87e8e410532 95ba 41bb 9afd 9b57a614ae7e